2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 健診の後始末 | トップページ | さて…登りますか »

2014年7月16日 (水)

『業』 の側面

どうして、この世は平和な方に向かって行かないかと嘆きたくなる。


鍬も 背広もかなぐり捨てて 正しい方向に進みたい。


戦争も いざこざも やりたくない。


みんなそう思っている。

ところが、やりたくない いけない…ことが次々に現れてくる。


ボクは これを 『業』 と称して、自分の悪事を転嫁することにした。

現実世界では、目の前の敵や困難に立ち向かわなければならない。

そうしないと生きていけないからだ。


しかし、時には、それに悩んだり、己を罵ったりしたくなる。

でもどうやっても、なんの解決も得られない。


それから目をそらすために 人類は色々な抜け道を見出した。

宗教や学問・芸術…然りである。

それはそれでよしとするが、それを全てとしてはならない。


最後は自分で決めるか、見て見ぬふりをするしかない。

しかし、悲しいことに、そこで大きな間違いが起こりやすい。

…その理由は、いつか書く。

 

« 健診の後始末 | トップページ | さて…登りますか »

ビジネス・人生論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/59995293

この記事へのトラックバック一覧です: 『業』 の側面:

« 健診の後始末 | トップページ | さて…登りますか »