2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 腰に不安があるおじさんが頑張ったお話 | トップページ | 責任力 »

2014年10月19日 (日)

ぎっくり腰が治りかけのおじさんは頑張った…の巻

今朝は、部落総出で地元の社の清掃作業である。

参道が分からない人もいたので、我が家からの近道を案内してあげた。

掃除が終わりかけた頃、長老連中が、
「どうでも この木を切ろう」
と話をしていた。


数年前からの懸案である。

「チェーンソーを取りに戻ります」


10分後、30㎝近い雑木を切り始めた。

今日は団地の若い連中が参加してくれたので、枝葉を払うと次から次へと片付けてくれた。

最後に、合繊の房をこしらえて、
「これで 百年もてる」
…で散会した。

昼にビールを二缶やっつけて、家の周りの草を刈っていると、中学校の同級生のT君が現われた。

草刈りから帰る途中だという。

「ぎっくり腰はどう?」
「まあ まあ」


それから数時間頑張った。

腰が重くなって、まっすぐ背が伸びない。


倉庫の前で休んでいると、見慣れた鳥がやってきた。


「ジョウビタキ…もうやってきたのか!」
と声をかけたら、
「チキチキ」
と返事をした。


開墾畑の様子。

004


 
 
 
 
 
 
横からいつもの遠景。

たぶん…「65ヤード パー3」だろう。

この冬は、左側の木を始末しよう。


003


 
 
 
 


« 腰に不安があるおじさんが頑張ったお話 | トップページ | 責任力 »

部落の行事、昔の習慣・風俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/60511498

この記事へのトラックバック一覧です: ぎっくり腰が治りかけのおじさんは頑張った…の巻:

« 腰に不安があるおじさんが頑張ったお話 | トップページ | 責任力 »