2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 今宵はスッピンかい! | トップページ | 算数の初歩 »

2014年10月10日 (金)

ぎっくり腰が治りかけのおじさんの稲刈りの作戦

台風がノロノロと北上している。

ボクに残された時間は、1日半しかない。

1反を刈るのに、角を含めれば2時間もあればすべて終わる。

でも、我が家の乾燥機は半分しか入らない。

つまり、半分ほど刈って、それをモミすりしないと次が入らないのだ。

ところが、モミすりをするためには、水分を適正数値まで下げないといけない。

はぜかけ米は、ほとんどその数値に近いのだが、乾燥させるには、コンバインによる刈り取り後は通風乾燥を含めて一晩かかってしまうのだ。

明日はバカ息子が助っ人に帰ってくる。

コンバインはボクが運転して、息子にモミを運ばせて、乾燥機に放り込ませる算段だ。

雀ヨケのネットも外さなければならない。

まあ、それは露が乾く前にすればよい。

でも、息子一家が帰ってきたら、鬼嫁は孫を一人占めにして、ボクと息子を田んぼに追いやって遊ぶつもりだ。


ボクは…「じいじ」と呼ばれないまま、腰をかばいながら、天を仰ぎ、息子を蹴り飛ばしながら稲を刈るのだ。

明日は天気がよさそうなのでいいが、明後日の天気は昼が境になる。

朝、6時からモミすりをして、10時前から残りを刈って乾燥機にぶち込んだら…あとは台風が来てもどうにかなる。


ある人が言った。


「ヤブ山さんの 日頃の行い次第ではないですか?」


…もちろん、尻を蹴ってやった。

« 今宵はスッピンかい! | トップページ | 算数の初歩 »

野良仕事・山仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/60455575

この記事へのトラックバック一覧です: ぎっくり腰が治りかけのおじさんの稲刈りの作戦:

« 今宵はスッピンかい! | トップページ | 算数の初歩 »