2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 鬼嫁とのラブラブ登山 | トップページ | 鬼嫁の体型の変化に関する考察 »

2014年11月23日 (日)

久住山に行きました

これが三俣山から長者原方面の写真である。

長者原からは指山が邪魔して三俣山は見えない。


でも、今回歩いてみて、ようやく久住の全貌が分かった。

 
 
 
 

 
 
 
 
 


0141

 
 
 
 
 

鬼嫁とのラブラブ登山は久住であった。


周南山の会に負けじと、牧ノ戸峠からの超楽々登山である。

とはいえ、ボクとしては歩いていなかったコースなので面白かった。


途中でみた阿蘇『根子岳』の遠景。






003

 
 
 
 
 
 


ようやく久住山の山頂が見えてきた。
 
 
 
 
 

005


 
 
 

 
 
 

ここまでは、鬼嫁も楽勝である。

久住山の山頂は、連休前なので人も少なく、山ガール一組と若者グループ、そしておじさんが数人であった。

そこから中岳まで足を延ばして、久住別れから北千里に降りた。

目の前の山が三俣山である。

明日は、鬼嫁には内緒だが密かに登るつもりである。

つきあたりはすがもり峠。

ここから右に曲がって法華院温泉まで下る。

012


鬼嫁は、法華院温泉に泊まれるので、ルンルン気分である。

下りが苦手な鬼嫁は苦労しながら、ようやく法華院温泉に降り立った。
…ボクは、もうビールを飲みながら待っていたけど。


さて、翌日、再び北千里まで登り返す。

「なんで、また戻るんかね!」
という愚痴を尻目に、すがもり越えへ。


0031


 
 
 
 


すがもり小屋にリュックを置いて、

「1時間半で戻るけど…ここで待つ?」


「ここで??」

「一時間半だけど」


「わたしも いく!」

「ええけど…えらいと思うよ」


…ということで、二人とも空身になって目の前の三俣山の急登にとりついた。


目の前の山頂は30分もかからなかったが、硫黄山の噴煙と地獄山が素晴らしかった。

0101


 
 
 
 
 

でも、やっぱり目の前の山頂は偽物だった。

その向こうに本峰が待っていた。


 
 
 

 
 
 
 
0121_2


 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

目の前の尾根を下って、次の山頂を目指す。


ここまでは鬼嫁と一緒だったが、上の写真の鞍部まで登った頃に、下の方から鬼嫁の声が聞こえてきた。

「わたしゃ~帰るからね! 峠で待っちょくからね!!!」


ボクは黙々と南峰まで這い上がり、再び鞍部に戻って本峰まで行ってみた。


そこから長者原方面を俯瞰しようとしたが、そこには指山が立ちはだかっていた。

下には湿原もある。


0141_2


 
 
 

 
 
 
 


 
 
 
まあ…こんな感じで、再び北千里を歩き、久住別れまで登り返して、牧ノ戸峠に降り立ったのでありました。


一泊二日とはいえ、鬼嫁もさすがに足にこたえたらしく、


「わたしも バイオギアを買う。
昨夜の山ガールの二人連れも あんたと同じようなのを着ちょった!」
と宣言した。


まさか、いい歳をして半ズボンで歩き始めることはないと思うが…寄る歳には勝てぬと観念したようだ。

なお、21日夜の法華院温泉の宿泊客は7人だけ。


その中の山ガールは…久住の山頂でも法華院温泉でも一緒だったが、美人でスタイルが良く…かなりのノンベエであった。


 

 
 

 
久住は、東と西で植生が違うということが良く分かった。

今度は南から上がってみよう。

…GPSがうまくアップできないので、トラック図はやめて…おしまい。


 
 
 
 


« 鬼嫁とのラブラブ登山 | トップページ | 鬼嫁の体型の変化に関する考察 »

登山・山歩き」カテゴリの記事

コメント

びっけさんもヤブ山ご夫妻もイイナー
何度も九重に行けるなんて。

tobinokoわずか2回だけ、しかも1度目は
法華院の特別室と霧を見に行ったのです?
視界10mの霧のなか黄色のマーキングを頼りに牧ノ戸に
抜けましたが途中山頂の霧観察のため久住に立ち寄っただけ。

幸い2度目は好天に恵まれてこんな所を歩いていたのかと
雄大な眺めに驚きました。

九重連峰を楽しむのはまだまだこれからです、負けないぞ!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/60700852

この記事へのトラックバック一覧です: 久住山に行きました:

« 鬼嫁とのラブラブ登山 | トップページ | 鬼嫁の体型の変化に関する考察 »