2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 籠城二日目 | トップページ | 知識を知恵に変える »

2014年11月16日 (日)

疲れました

籠城が三日目になると、兵糧が尽き果てる。

今の時代は、金さえあればコンビニに行って調達することができる。

しかし、還暦前のおじさんはそんなヤワな行動はしない。

自立しなければならないのだ。


そういう気持ちで、山や畑を巡回して腕組みをして考えた。

「やっぱり…無理かも」


小さいときからの貧乏性で、食べるものを買うという感覚がない。

食べるものは、飯と漬物、そして汁だけでいい。


ところが、それを作る手段がないのだ。


野菜はふんだんにあるのに、ボクは禁断のコンビニに行った。

いったいぜんたい…はちべえどのは…どうやって生きているのだろうか?

毎日、肉じゃがばかりだと、霜降りになりそうだ。

それが嵩じてあのような体型になってしまったのだろうが、それにしてもすさまじい生活を送っているのだろう。


今回の籠城で感じたことは、独り身になったら…たぶん一月でおしまい!ということだ。


明日は仕事で泊まり。

鬼嫁は明後日帰ってくるらしい。

甘えがあるので、もう2週間あったら自立に向けて気を引き締めるのだが、一週間だけなので何の進歩もない。


« 籠城二日目 | トップページ | 知識を知恵に変える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヤブ山殿は嫁に逃げられたと意識しすぎ
誰も他人の結婚の有無は気にしていない
やはり、鬼嫁様に逃げられては困るという潜在意識のあらわれでしょうか

野菜があれば切ってとにかく煮る。これで毎日過ごせると思いますが?
タマネギ天と菜っぱをいれればなんとか食べられます。
たまねぎがあれば玉子丼ぐらい作れるでしょう?
鶏肉があれば親子丼になる
小生の場合、いまはサツマイモしかないので、冷凍食品が中心です。
一番簡単なのは豆腐です。冷や奴、湯豆腐はできるでしょう?

鬼嫁様
 食事は奈々子がお世話するので、年末までゆっくり静養してください。

▼はちべえどの
奈々子…を貰うしかありませんね。
そうですね、そういう手がありました。
朝子や諭子ばかりに気をとられていましたが、奈々子がありますね…。

昨夜、エレキを練習した後、ネックをぶっつけてE弦をバツッ!と切りました。
不吉な予感がしましたが、声が出ないので焦りまくっています。

奈々子…にします。

ふーん。やぶ山さんにも意外な弱点があるんですね。 何でも出来ると思ってました。 畑をやっておられるので、野菜は困らないのでハチべエ様のようにあとちょっと手をかければ何でも出来るとおもうのにな。 そうはいっても やはり 鬼嫁様の存在が大きいのですね。 なんやかんやとはいっても 食の力は大事にしなくては。 

▼stranger どの
私をみくびってはいけません。
弱点は、医者と炊事だけと吹聴しておりますが、医者は白衣のトラウマだけですから気合を入れればいつでも払拭できますし、炊事は炊事係が不在のスパンに応じてやる気を出すかどうか…だけです。
ましてや、鬼嫁は足蹴にすればその辺に転がります。
弱点なんぞ…どこにも見当たりません。
私は…完全体です。
…かしこ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/60664058

この記事へのトラックバック一覧です: 疲れました:

« 籠城二日目 | トップページ | 知識を知恵に変える »