2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« リタイア前のおじさんが考える | トップページ | 花粉症と依存症に関する考察 »

2015年2月28日 (土)

自分の悪と戦う

世の中、戦慄するような事件が続いている。


たぶん、これは「オウム真理教」と同じ構図である。

人間には、誰しも人に言えない狂気な部分があって、本人にとっては、それが手かせ足かせになってどうにもならなくて、恥ずかしくて、…自分がイヤになって、自己嫌悪に陥ることがある。


そんな時、自分を持ち上げてくれる人がでてくると、急に自分に自信が湧いてくる。

不思議な力が湧いてくる。

そのひとが好きになる。

それはホントは偽物なのだが、それでパワーが増してくるのだ。

なんでもいいから、自分の心が安寧に満たされれば心が落ち着く。

そこで、自分で考えることを止めると、とりあえず人の動きに追従するようになる。

それで楽になるのだ。
ペース走である。
落ち着く。

しかし、それをみた主は、傍若無人の振る舞いをするようになる。

それが自分のステータスになるのだ。

そして、周囲の連中を従属の世界へと落していく。


こうなると、周囲の人間はどんどん狭い世界に閉じ込められて、どんなにあがいても這いあがれなくなる。

閉鎖された世界だから、どこに行こうと出口に鬼が待っている。

どう逃げても、死角に這い上がろうとしても逃げられない。

ボクも、『悪魔』の世界に落ちたことがある。

何もかもが、嘘で、汚い…世界に見えた。

世の中は、大人が何もかも悪くしたのだと決めつけた。

破壊することが救世主がごとき夢も見た。


でも、そんなボクが、目の前に敵が現れたら、武器を手にして徹底的に戦うだろう。

『悪』は、許せない。


弱い自分としては、応援する役に回りたい。


できれば、そうしたい。

でも、

「それを誰がやるのか?」

と言われて、誰も手を上げないので…声を荒げてるだろう。

「なんで オレかぃ!!!!!」


三番目…ぐらいでいい。


« リタイア前のおじさんが考える | トップページ | 花粉症と依存症に関する考察 »

ビジネス・人生論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/61209309

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の悪と戦う:

« リタイア前のおじさんが考える | トップページ | 花粉症と依存症に関する考察 »