2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« やっぱり…『春夏秋冬』かぁ… | トップページ | 『オレオレ詐欺』に関する還暦夫婦の会話 »

2015年2月18日 (水)

小さな日記

今日もギターを弾いていたら思い出した。

小さな日記に 綴られた

小さな過去の 恋でした

私と 彼との 恋でした ????

…思い返せば43年も前のことである。

高校生の時、ボクが 一級上のおねえさんから、

「あのね ヤブ山君 ギターの伴奏を してくれない?」
と頼まれた。

婦女子からそんなことを言われたことがなかったボクは、

「はい はい 何でもいいです…」
と断り切れずに、喜んで引き受けた。

そのあとは昔書いたことがあるが、その女子が恋心を寄せている彼氏に歌を録音して贈りたかった…そうだ。


何も知らないボクは一所懸命伴奏して、立ちあったもう一人の同級生から、

「ヤブ山君 ○○子さんからの お礼よ!」
と言って、チョコレートを渡された。

その当時、バレンタインデーなど知らぬボクは…初めて女の子からチョコレートを貰って…天にも昇るような気持ちになった。

その後、彼女の恋心が別のところにあることをしったボクは、

「女心は 恐ろしい…バレンタインは嘘で固められた世界である」
と思い込むようになったのです。

未だに 何があろうと 女からのチョコレートには嘘が混じっていると思っている。


でも この歳になったおじさんは、

「きっと 言い訳だったにちがいない」
と密かに思い続けているのです。

でも、その後、鬼嫁が出てくるので、この話の続きはまったく面白くない展開となる。

« やっぱり…『春夏秋冬』かぁ… | トップページ | 『オレオレ詐欺』に関する還暦夫婦の会話 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/61159100

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな日記:

« やっぱり…『春夏秋冬』かぁ… | トップページ | 『オレオレ詐欺』に関する還暦夫婦の会話 »