2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 最後の詰めを考える | トップページ | 数字のトリック »

2015年2月 1日 (日)

今日はモグラと戦う

まだ仕事のことが頭に残っている。
昨夜も呑みすぎてしまった。
裁きは明後日当たりに出るはずだが、採決はどうでもよくなってきた。


ひたすら、悪の根源をどうやって根絶させるか…ということばかり考えていた。
天気は良いが、何もする気が起きなくて、午前中は母の見舞いに行った。


ひ孫の七五三の写真を持って行ったが、10回以上名前を聞く。
仕事で切れた頭には荷が重かったが、10回名前を言った。


昼にビールを飲んだ。

「なんもしないのに 呑むのね」
と鬼嫁が独りごとにようにそっと呟く。
ボクは聞こえないふりをする。
還暦の夫婦はこんなものだ。
お互いに独りごとを言っておけばいい。


昼から畑の草を抜き始めた。
本来、この時期には伸びないはずだが、今の時代は冬になっても草が伸びる。


草を抜きながら…ふと思い出した。

「彼岸花…マンジュシャゲを植えなければ!」
と、急にスイッチが入った。

tobinokoさんがやっていたように、モグラ退治をかねて植え替えようと思っていた。

冬のこの時期、彼岸花は葉が生い茂ってくるので分かりやすい。
(写真を撮り忘れた。最後の写真に写っている)

彼岸花は、家の前の広場にあちこち生えているのだが、田んぼの畦で暴れているモグラ退治に効果があるかどうかを確かめたかったことを思い出した。

家の前の駐車場で威張っていた群生をスコップで掘り返して一輪車に積み込んだ。

根は深いかと予想していたが、彼岸花の根は…ネギの根と同じような球根だった。

かなり浅い。これでモグラに効果があるかどうか疑問である。

でも、やるしかない!


001


 
 
 
 
 
 
アップすると、こんな球根である。


003


 
 
 
 
 
 
 


モグラ…こちらでは『ウグロ』と呼ぶが、彼らが荒らしている田んぼの畦付近に植えた。


002


あれほどはびこっている割には、浅い球根である。

なんだか喧嘩している仕事の相手のような気がして、がっかりした。
口先だけで生きているのだろう。
こんな奴と戦っていたのかと思うと苦笑が出た。


ここが一番ウグロにやられているところ。


004


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あとは下の田んぼに水が抜けるところ。

数株植えてみた。


005


 
 
 
  
 
  


鼻水を垂らしながら植えた。

でも仕事のことが頭によぎる。

先週末の大騒動の裁きは明後日ぐらいに出るだろう。

「○○部署の内示が、ヤブ山の逆鱗に触れて…ヤブ山は徹底的にやり返したらしい」
という話が噂になっていると聞いた。


ボクはいちおう平和主義者なので、自分からは攻撃することはないが、理不尽なことをする相手がいると、豹変する。

ボクが生きているうちに、少しでも裏山や周囲をきれいにしておきたい。

夏に汗だくで草刈りをするのと一緒である。

芽が出始めたら刈る。

少しでも伸びてきたら刈る。

冬には勢いは弱まるので、少し休む。

でも気は抜けない。

モグラも一緒だ。

この時期だけ活動が弱まる。

モグラ退治のつもりが、頭の中は再び仕事に戻ってしまった。

 
 
 
 
 
 
 
 

« 最後の詰めを考える | トップページ | 数字のトリック »

野良仕事・山仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/61069969

この記事へのトラックバック一覧です: 今日はモグラと戦う:

« 最後の詰めを考える | トップページ | 数字のトリック »