2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 春爛漫 | トップページ | やっと解放されました »

2015年3月10日 (火)

『謙虚でありなさい」…と叱られた話し

昨夜は湯田温泉に泊まった。


今宵は…「父帰る」…というラブラブの夫婦であろうが、我が家はそんなことはない。


でも、帰る前にいつもの「帰るメール」を送っているので、風呂は沸いているし、あがったら食卓も準備万端である。


晩酌をしていると、テレビをみながら、鬼嫁が、
「謙虚さがなくなっているのよね! あの顔は自分がやりたかったことをやろうとしている顔なのよね」
と言った。


ボクは、根が謙虚なので自分のことを言われたかと勘繰ったが、人のせいにすることにした。


「人間というものは 緊張感は 半年が限度である」

鬼嫁が、こっちを見て言った。

「そういう問題じゃないのよ。あの顔を見てみなさい!」

「頑張るひと…」


「うそ! おっしゃい!」

…鬼嫁が何を怒って何を言っているのか分からない。
何かに怒ってるのだろうが、ボクには思い浮かばない。

いちおう自分のことを反省してみて、攻め込まれることはないと確信したので、

「上に立つ人は絶えず周囲を見渡さないといけないし、それを見るときは昔を思い出しながら、醒めた目で見るべきである」
と語った。
まっとうな答えである。

鬼嫁は、こう告げた。

「はよう…ギターを弾いて…寝なさい」

「は~い」
と返事をしながら、このブログは、突然、おしまいにになるのです。


思いのたけは…また 今度ね。

« 春爛漫 | トップページ | やっと解放されました »

ビジネス・人生論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/61260918

この記事へのトラックバック一覧です: 『謙虚でありなさい」…と叱られた話し:

« 春爛漫 | トップページ | やっと解放されました »