« 代替わり | トップページ | 何を守るか »

2015年5月10日 (日)

春の例祭

地元の金毘羅社の春の例祭を執り行った。

春は、15~6人の世話人だけで行なうのだが、幟を立ててお供えをし、近くの神社から宮司を招いての祭事である。


ボクが世話人会の会長なので、はじめに玉ぐしを奉奠して、顧問代表、婦人部代表に続いて氏子代表として自治会長のTさんが奉奠する。


例祭が終了すると、ただちに片付け作業にとりかかって、あとは自治会館で直会に突入である。


長老たちとワイワイ話をしながらの2時間を終えた。


あとは昼寝。昼寝。


気がつけば夕方であった。


明日から仕事も本格的に再開だ。

再来週からは海外出張もある。

今月末には代かきをして、6月に入って田植えだ。

また一つ歳をとるが、今年はいよいよ還暦を迎える。


 
 
 

« 代替わり | トップページ | 何を守るか »

部落の行事、昔の習慣・風俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/61569883

この記事へのトラックバック一覧です: 春の例祭:

« 代替わり | トップページ | 何を守るか »