2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 還暦のじいさんは忙しい | トップページ | 挑戦する心 »

2015年6月28日 (日)

じいさんはステージをめざす

定年まであと9カ月だというのに仕事に追われる。

フェードアウトしたい気分だが、現実はそうはいかぬ。


ブログを書く気力も低下して、気にはなりつつも投げだす日々が続いている。


そんな中であるが、同窓会での『還暦バンド』が気になる。

「誰かがやってくれたら…」面白いのだが、やる本人たちは大変である。

できたらやりたくない。


カラオケなら当人が好き放題に歌えばいいのだが、バンドは複数の人間…同級生の気が合うかどうかである。

仕事の間隙をぬって合同練習の声をかけた。

ドラムのMが自宅に防音室をこしらえているという話を聞いたので、ピアノ&キーボード担当のA県で音大の先生を除いた残りのメンバーが集まった。


還暦の歳になった…おじいちゃんたちである。


当時、リードギターをやっていたTは、今では『コブクロ』をやっているという。

現役である。


「おまえ…ボーカルをやってくれんか!?」
と懇願したら、


「42年前に戻るのだ!」
とつれない返事。


予定の3曲の音合わせをした。


とにかくキーを決めなければならない。


あれこれ談議をしたが、全て原曲のキーでやることになった。


ボクのリクエストで全音下げてやったりしたのだが、
「ヤブ山が…楽に歌っていたのでは、ライブの雰囲気がでない!」
という意見が出た。

みんなで演奏しながら歌うと、アドレナリンが出るのだろうか。

「分かった! 夢中さ君には…A。魔法の黄色い靴は…D。心の旅は…Fで行こう!」
で決まった。


コードが分かる人には想像がつくが、還暦のじいさんたちには高い音である。

あと一月ちょっと。

還暦じいちゃんたちのステージへの挑戦がスタートした。


いよいよラストスパートである。


マジで…「とほほ」…である。

« 還暦のじいさんは忙しい | トップページ | 挑戦する心 »

「伝説のライブ」への道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/61808123

この記事へのトラックバック一覧です: じいさんはステージをめざす:

« 還暦のじいさんは忙しい | トップページ | 挑戦する心 »