2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 努力が結果につながるときに希望というバラメーターが邪魔するという定義に対する反論 | トップページ | おじさんたちの夏 »

2015年8月11日 (火)

昨夜のこと

何に怒っていたのか思い返すと、高速道路の若者だった。


二人の若者が、SAで行く先を書いたボードを見せて立っていた。


部下の一言。

「この盆の時期には家族連ればかりで、乗せる連中は少ないでしょうに…」

「許せん! あんなに若いのに他人に頼るとは! 歩けバカたれが!」


「ヤブ山さん!キツっすね」

「当たり前だ! 歩け! 若いやつらは!」

幟を立てて自転車を漕ぐ輩も嫌いだが、こういう甘えの構造にある連中はもっと嫌いだ。


「歩け! 歩け!」

若い時にそれをしないで何をするというのだ。


たぶん、ずっとそれが頭に来ていたのだろう。


大人に甘えは許されない。


ずっと歩き続ければいい。

バカたれ!

 
  

« 努力が結果につながるときに希望というバラメーターが邪魔するという定義に対する反論 | トップページ | おじさんたちの夏 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/62063979

この記事へのトラックバック一覧です: 昨夜のこと:

« 努力が結果につながるときに希望というバラメーターが邪魔するという定義に対する反論 | トップページ | おじさんたちの夏 »