2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« おお!クリタケちゃん! | トップページ | 準備 »

2015年10月31日 (土)

おむすびの極意

玉ねぎを植えた。


早生を100本、奥生を200本である。

両方にマルチを張って、草に負けない玉ねぎを作らんと…するのだ。
写真はないが、明日のことを考えて、苗の買い出しと植えこみは…全部、ボクがやった。
鬼嫁は収穫係なので、この辛い作業はボクだけだ。

昨日の鍬打ちで腰が痛くなったので、今日から『マルチ・腰サポート』の登場である。

一昨年、田んぼの溝上げで魔女の一刺しにやられた腰の『友』である。

ボクの畑は半分、他人に貸している。

以前、この近所に住んでいた人に貸していた。
S高の校長先生で、いつも熱心に畑の作業をされていた。

数年前に急逝されたあと、暫くして、
奥さんと娘さんが、「父の畑を耕したいのです」と言って来られた。

I先生は、どんなに忙しい時も畑の様子を見に来られていた。

その頃のボクは、畑は母に任せっきりで、何にもしなかった。


その後、母が動けなくなって、ボクが見よう見まねで畑作業に精を出すようになった。

母の認知症の発症時期と、I先生の発症が重なった。


鍬が振るえぬ母と、I先生を手伝いながら、ちょうどボクが実家に帰って来た。


今日、その奥さんと娘さんが、玉ねぎを植えにきた。

少し離れて眺めていたら、ボクが植えた『マルチ』の寸法を図って畝を立てて、植えていた。

さて、本題である。


ヤブ山家の 『おむすび』 は…なぜ…『もちもち して おいしいのか?』
という命題を鬼嫁に問うた。


いつか書いたかもしれないが、我が家の…むすびは、最高である。


「わしが作った 米が 良いのであろうか?」

「おそらく 違います」

「わしの 行ないが 良いのであろうか?」

「もっと 違います」

「わしの どこが いいのか?」

「そんな質問なら 知りません」

「なぜ 我が家のむすびを 喰ったみんなが うまい! と言うのじゃろうか?」


「たぶん…アツアツのときに…握れば おいしい!と思うわよ!」

 冷えたご飯は見ていても ダメ!」

みなさん!

ボクは 握ることはありませんが…おむすびは…アツアツで握れば…おいしいのです!

今回の記事は、バイアスはかかっていません。


誰にも気を使っていません。

 
 
   
 


« おお!クリタケちゃん! | トップページ | 準備 »

部落の行事、昔の習慣・風俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/62587844

この記事へのトラックバック一覧です: おむすびの極意:

« おお!クリタケちゃん! | トップページ | 準備 »