2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 東方見聞録(つづき) | トップページ | 責任者は誰だ! »

2015年11月21日 (土)

久しぶりの山歩き『飯ヶ岳』(山口市徳地町)

このところ海外出張や県内も泊まりばかりで、自分の立ち位置が分からなくなってきていた。


昨夜、晩酌をしながら、鬼嫁に、
「明日はどこかに登るか?」
と聞いたら、
「行ってあげてもいいわよ」
とのたもうた。

ホントはこの連休に孫の一歳の誕生餅を携えて、東京方面に向かいたかったのだが、連休の真ん中に行事が入ったので、蟄居の身になっていた。

ずっと山に行っていなかったし、田んぼは先日の大雨でぬかるんでいるので、山歩きを考えた。


でも、鬼嫁の出発は…9時である。

展望がよくて、足元も良い…山はない。

ホントは小五郎山に登りたかったのだが、時間が押してきたので、ヤブ山突撃隊の原点である…『飯ヶ岳』にした。


寂地山のほうが近いのだが、登る時間を考えると躊躇する。

飯ヶ岳は、ヤブ山突撃隊の原点に近い山である。

滑林道は長いが、今の乗用車でもどうにか登山口まで上がれた。

雑木が伸びて、滑松やブナの幼木が育たなくなって、一斉に下刈りが行なわれていた。


ボクはいつも反時計回りに上がる。

絶対にこのルートの方がいい。


002


 
 
 
 

久しぶりに滑の山を満喫した。

駐車場には2台の車しかなかった。


鬼嫁の息が荒いので力を抜きながら登った。

支尾根は植生がだいぶ戻っていた。

006


 
 
  
 
 
 
 
 
 

トラバース道はかなり荒れていたが、山口市内でブナに出会えるのはこのエリアだけである。

008


僅かに残った紅葉を眺めながら、縦走路に出た。

山頂には単独行の二名だけだった。


一人は315号から、もう一人は滑から上がって来た人懐っこい人だった。

さっさとラーメンをこしらえて、黙々と食べた。


やっぱり莇と弟見山の稜線上のブナ林が美しい。


弟見谷の美しさを思い出した。

もう一度、弟見谷のトチの大木に会いたいと思った。

やっぱり西中国山地が最高である。

特に、今回の滑山の笹の勢いがよかった。

でも明日は仕事。

これがなければもっと違った山行が出来たはずだ。


これから長い…仕事ばかりの世界がはじまる。


なんど暮してもこの時期が厭だ。


 
 
  
 
 

« 東方見聞録(つづき) | トップページ | 責任者は誰だ! »

登山・山歩き」カテゴリの記事

コメント

今夏に反時計回りで登りました。途中まむしに出会いましたが、このコースがいい。
なかなか山頂が現れず、時計回りより2倍楽しめます。周満。

▼sumannさん
絶対に反時計回りです。
滑のよさは、ルートでないと分かりません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/62723915

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの山歩き『飯ヶ岳』(山口市徳地町):

« 東方見聞録(つづき) | トップページ | 責任者は誰だ! »