2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 秋の例祭 | トップページ | あと一歩 »

2015年11月 4日 (水)

鬼嫁の憂鬱

今日、帰宅したら…久しぶりに鬼嫁が腕組みをして立っていた。

久しぶりの雄姿である。


しかも、「あとで話があるから…」
と、至極勿体をつけてきたので、風呂の中で近時の自分の言動を即座に検証してみた。


結論は…「絶対に…問題はない!」であった。

晩酌を始めた頃、鬼嫁が口を開いた。


「あのね…酔う前に…言うちょくけど…dcejnfjvjjded c hwhxbdcbvr ec ejcne3ij r rn 33f rnv o…」
という話であった。


ボクが、昨日の直会で、お接待の準備をする人と話をしたことについてのことだった。


「今日ね…○○さんから、『時間があれば…お茶でも呑みに来ない?』と言われたの」


「ふ~ん」

「それでね…nxc drijvfivdhcbiqsjhc eugⓑんj根kセkhj…ということなの」

「そういうことなら…元のままでいいよ」

「そうなんでしょ? 分かった!」


まあ…そういう部落の風習ややり方というものがあって、ボクはそれに疑問を抱いて話をしたのだが、会長からそんなこと言われたので、どうしようかと…悩んでおられたそうだ。


ボクは、理屈が分かれば気が済む性格なので、


「そういうことなら…よく分かりました…今まで通りで…やって下さい…と、伝えておいて」
と鬼嫁に告げた。

ここまでくると、鬼嫁は豹変して、

「そうじゃろうがね…ええころなことは 言わんことよ!」
と攻めてきた。

ボクは、心が寛大なので、

「すまんが…他意はないということを…きちんと伝えておけ」

と優しく告げて、パソコンに向かうことができたのでありました。


…おしまい。

« 秋の例祭 | トップページ | あと一歩 »

部落の行事、昔の習慣・風俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/62614179

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼嫁の憂鬱:

« 秋の例祭 | トップページ | あと一歩 »