« 危ないなぁ… | トップページ | コミュニティ論 »

2016年1月31日 (日)

かかり木の処理

正月に裏山に上がった時、二本の大木が倒れていた。

しかも、かかり木である。

かかり木とは、木が横たわらないで、他の木にもたれかかっている状態である。


やっと普通の季節になったので、腰に鋸と鉈をぶらさげて裏山に上がった。


さて、これをどうするか。

001

ぐちゃぐちゃである。

見なかったことにしたかった。

4~5年放置しておけば、かなり朽ちるはずだ。
でも、今やっておかなければ再び山は荒れる。

午前中、チェーンソーやノコギリで始末した。
枯れた木には、鉈の刃が立たない。
生木であればスパッと切れるが、枯れ枝には歯が立たない。
無理をすると刃こぼれになるので、シコシコとノコで切りながら棚状に始末をした。


家に戻るとすぐにビールである。
全身が汗にまみれている。
呑まないとやってられない。


昼からが勝負であった。

こっちのかかり木は手強い。
幹が途中で裂けて、それが他の木にもたれかかって…どこから切るか暫く考えた。

004


 
 

一本の木にもたれかかって、その木が無理やり押し曲げられている。

007


 
 
 
急斜面であるし、どちらに落ちてくるか分からないので、高所ノコギリを取りに戻って、遠くから切ることにした。

これが辛かった。
力が入らないので、10秒引いては、20秒休んだ。
20分ぐらい頑張ったら、ようやく切断に成功した。

案の定、斜面の下の方にドサリ!と落ちた。

008


ところが、幹全体が落ちてこない。

他にもたくさん他の木に掛かっていた。

あれを切り、これを切り、ようやくチェーンソーが使える状態になってきた。


010


どうしてここまでこだわるかというと、この奥に山桜の巨木があるのだ。

まだ周囲は雑木に囲まれているが、立派な巨木である。

倒した丸太や枝葉の処理に2時間を要した。

ようやく山桜が見えてきた。
今年中に、周囲の雑木を切ろうと思う。

013


 
 
 
 
 
下の方を見ると、瀬戸内海が見える。

あと二月で退職だから、とにかくケガだけはしないように…慎重に慎重に処理をした、

014


 
 
 
 
この裏山も10年ですっかり雑木林になった。

かつては竹に浸食されて、見るも無残な状態だったが、ここまで雰囲気が変った。

巨木の森プロジェクトは…あてのない悪あがきだが、山に入って、ひとりでゴソゴソしていると神経が研ぎ澄まされる。


「何のために こんなバカなことを やってるの?」

と自問自答しながら、おじさんの意地を張り通すのだ。

 
 
 

« 危ないなぁ… | トップページ | コミュニティ論 »

巨木の森」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/63147717

この記事へのトラックバック一覧です: かかり木の処理:

« 危ないなぁ… | トップページ | コミュニティ論 »