2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 退職寸前のおじさんの思うこと | トップページ | 何か書くか »

2016年2月18日 (木)

男の美学、矜持

どちらも翻訳語としては傑作に属するものだったが、いまではゲスの部類とされている。

悲しいが、引き合いに出された人物の言動からすると仕方がないのかもしれない。


ボクが好きなこの二つの言葉を貶められたし、ボクの身辺にもこのような心当たりがあるので、暫く封印することにした。


人間には…『欲』というものがあって、これにのめり込もうが、嫌おうが、学説の対象にしようが…どうでもいいのだが、これをどうやって克服するかが…人生だと思う。


それを 『品格』とか『徳』とか…冒頭に書いた二つの言葉に代弁されるのだが、これがデタラメになってきたのでますます世の中がイヤになってきた。

ボクにも色々な場面に直面するのだが、その役になりきっている人物が次々と現れてくる。

人間は…いつまでたっても、自分を基準にして相手を見てしまうので、この歳になっても、自分の美学・矜持に合わない人に出会うととまどう。


大人になるにつれて成長する、変わっていく…と思っていても、源泉が変わらない人もいる。


子ども心に、相手を容赦してあげたことがあるだろう。

いけないことは…かすかにでも、わかっていたはずだ。


それが大人になってもできるか?

ボクにはできない。

ボクには慈悲の心がない。


赦してあげようという気がなくなった。

ボクの美学と矜持は地に落ちてしまったが、ジェダイではないのでどうでもいい。

 
去年の終わりごろから二回も右手の爪を途中で切ってしまった。

何かの前兆だったのかもしれない。

親指の爪はようやく以前に戻ったが、肝心の中指の爪はやっと肉の元から伸び始めた。

ボクの美学と矜持は…そんなものだろう。

 
 

« 退職寸前のおじさんの思うこと | トップページ | 何か書くか »

ビジネス・人生論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/63231303

この記事へのトラックバック一覧です: 男の美学、矜持:

« 退職寸前のおじさんの思うこと | トップページ | 何か書くか »