2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 再起動 | トップページ | じいちゃんは頑張る »

2016年4月19日 (火)

何もかもビックリ!

二月間、無職のじいさんにとって、最高の時期にカタクリに出会える日が来た。

先輩の泰山どのの報告を見て、天気を見て、鬼嫁の指示に従って『弟見山』に出かけた。


ところが、平日の火曜日だというのに仏峠には何台もの車が止まっていた。
「平日にこれだけ休んでいる人がいるとは…日本の経済活動はどうなっているのか!?」
と嘆きながらゼーゼーと急登をあえいでいると、10人ばかりのグループに追いついてしまった。


仕方がないので、それを追い越しながら、
「もう少し後ろから…ゼーゼー上がってくるおばさんがいます」
と告げた。

立ち止まって後ろを見ると、案の定、鬼嫁がヘロヘロしながら上がってくる。


いよいよ弟見山の最後の急登にかかるピークで一息入れていると、鬼嫁が、
「後ろから…黒い大きな犬が来ているの!」
と叫んだので、振り返ってみると……。


なんと!T隊長が現れた。
「あれ?T隊長!?」
「あれ?ヤブ山ちゃん!?」


ヤブ漕ぎ犬は、かつて『ルル』であったが、今は2代目である。
犬の種も名前も聞きそびれてしまったが、立派なヤブ漕ぎ犬であった。

登りは先頭に立つが、下りは主の後ろを歩くのだ。


しばらく話をして、先を譲った。

やがて主稜線に辿りついた。


001


 
 
 
登山道の両脇がきれいに刈り払われて、そこにはカタクリが咲き誇っていた。

002


 
 

003


 


  
弟見山の山頂を素通りして、展望地まで行くと…そこは団体客で大賑わいであった。

T隊長も端の方で…宣言どおり『日清焼そば』を食べていた。

それにしても次から次へと団体が莇ヶ岳方面から上がってくる。

足の踏み場もないどころか、ヘロヘロの登山客が道の脇に生えているカタクリを踏むようにして座り込む。

あまりのすさまじさにさっさと昼飯を済ませて、仏峠方面に戻り始めた。

刈り払われた登山道では、カタクリを写真におさめるために、群生を踏みつける人が多い。

男女を問わずマナーは最悪であった。

弟見山は、いまや屈指のカタクリ鑑賞の山になっている。
島根県の『船通山』以上の人気のようだ。

それにしてもひどい有様だった。

カタクリを見に来ているのか、おしゃべりをしにきたのか、カタクリを踏みつけにきたのか…よく分からないが、カタクリ全盛の時期はこんな風景が繰り広げられているのだろう。


退職してよく分かった。

みんな同じ時期に同じ所に集中するのだ。


がっかりした。

やっぱり…『ヤブ山突撃隊だね』と、T隊長と話した。

鬼嫁は、下山後には温泉に浸かって、
「へぇ~ええじゃん!」
と御機嫌でありました。


もう少し御機嫌をとって、人気のない 静かな山に行こうっと。

 
 
 

« 再起動 | トップページ | じいちゃんは頑張る »

登山・山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/63508972

この記事へのトラックバック一覧です: 何もかもビックリ!:

« 再起動 | トップページ | じいちゃんは頑張る »