2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« ふふぅ…生きている | トップページ | 我が家のあじさい »

2016年6月11日 (土)

田植え

今日、田植えを済ませた。

どうせ5月末まで休みなのだから、さっさとその間に終えたらいいのだが、田植えは6月にならないとできないのだ。


先週、代かきを済ませておいた。
今年は雨が多いので山からの『出水(でみ)』が多いので助かる。


逆に水が多すぎるのだが、落すのも勿体ないので少しい多いが植えることにした。

水を1cm下げるのには時間がかかるので、その時間が待っていられないのだ。
街中の田んぼに水没している苗が多いのはそういう焦る気持ちがあるのだろう。


鬼嫁が一輪車を押して、苗箱を片づけてくれた。

「気がきくのう」
と声をかけたら、

「あなた!去年もやりましたよ!その時も同じ言葉を発していましたよ!」
と注意された。


苗箱を洗うだけでも助かるのだが、こういう会話は面白くない。

一反しかないので昼前には終わる。

田植え機を洗いながら、「お前が頑張るから 助かる」
と、鬼嫁に心にもないことを言ってしまった。


「わたしは やるときはやるのですよ」
と上から目線で言われた。


昼に缶ビールを二缶呑んだら、そのまま昼寝三昧になった。

« ふふぅ…生きている | トップページ | 我が家のあじさい »

野良仕事・山仕事」カテゴリの記事

コメント

緊張感のなかにもほのぼのとした夫婦愛を感じさせるいい文章です。

▼はちべえどの
どこに…『ほのぼの』感がありますか?
全て上から面線です。
ところで、先日の女子バレーを観戦しているときに気がついたのですが、
「あなたは…きりっとした婦女子がお好みではありませんか?」
セッターの選手を見てそう思いました。
…Mなのですね。

きりっとした婦女子+セッターの選手

45年前の鬼嫁様では?

ん、何か読み間違えたコメントをしてしまいましたね。

先日、CSで日プロ時代の「猪木VSJ・ブリスコ戦」を見ました。NWAチャンピオン時代はひよわな王者のイメージがありますが、若手時代は粘いレスリングが見応えがありました

▼はちべえどの
おお!久しぶりにプロレスの話題ですね。
猪木は身体こそ大きくはないですが、柔軟性が最大の武器でした。
ブリスコはパワーと技術がありましたね。
時代の象徴でしょう。
個人的には…フィリッツフォン・エリックですね。
全日本ですけど。
私は今でも鉄の爪を伸ばしております。
いちおうギターを弾いておりますが、いざとなれば…額に突き刺し…。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/63763479

この記事へのトラックバック一覧です: 田植え:

« ふふぅ…生きている | トップページ | 我が家のあじさい »