2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 爪を研ぐ | トップページ | 雨中の代かき »

2016年6月 1日 (水)

とうとう来たか…

明日から再就職に出なければならない。

気力は放電作用によって失せたし、気力はもともと備わっていない。
でも仕事に出ないと生業が成り立たぬ。

よって今日が最後の休日であった。
やりたくなかったが、山の斜面に生い茂って来た竹を切ることにした。

我が家の田植えは6月に入ってからである。
逆算すれば、今週末で代かき、11日に田植えである。
苗が届かないので、いくら水があってもその時までじっと待つしかないのだ。


午後3時までに残りの草刈りをすべて終えた。
鬼嫁に告げた。
「明日から再び仕事に出る。昼には呑めなくなるので、今から呑む!」
「わたし~ぁ!知らんよ!」
とほざいていたが、これも儀式である。

しかも厳粛に執り行わねばならない。
日本酒を少し含んで、体中にふりかける。
冷たくて心地よかったが、
「あんた!エエコロにしなさいよ!」
という鬼嫁の声で儀式を終了した。


ボクは明日という日を指折り数えていた。
鬼嫁はもっと正確に何度も指を折って数えたらしい。


「もう…しばらく昼には呑めないのか…」
「はよう…稼ぎに行きなさい」
夫の気持ちも理解しようとしない鬼である。

明日の弁当を頼んでおいたが、毒が盛られているかもしれぬ。

二ヶ月前よりも朝は1時間遅く出ることにしたが、何時に着くのかよく分からない。
通勤ラッシュに合うのは分かっているが、退職軍人にとってはどうでもいいのだ。


面倒である。
でも生活費はいる。


一昨日、同級生たちと呑んだ。

「ヤブ山!はよう辞めろ!」
「は~い!!」

と答えたので、早めに切り上げようっと!。


 
 
 
 

« 爪を研ぐ | トップページ | 雨中の代かき »

ビジネス・人生論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/63716451

この記事へのトラックバック一覧です: とうとう来たか…:

« 爪を研ぐ | トップページ | 雨中の代かき »