2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

生態系

今日だけ休み。

今月は金毘羅社の当番なのだが、なかなか世話ができずにいた。
久しぶりに社に上がった。

草も伸びて、落ち葉が多いので昨年購入したブロアで吹き飛ばそうとしたが、30回スターターを引いてもエンジンがかからない。


こうした共用の機械は、個人のクセがあるので、始動時のトラブルが多い。
そういえば、我が家では、かつて父と耕運機で、母とは草刈り機でよくモメた。


「お前が使うと…必ずあとでかかりが悪くなる」


そういえば、息子に草刈り機を使わせると、その後はかかりが悪かった。


家まで持ち帰って、プラグを外して、油をかぶったプラグをライターで焼く。
これは学生時代にバイクに乗っていた時代の技だが、これでもいまくいかない。


次は、スイッチをオフにして、何度かスターターを引く。
これは無駄な作業に思えるが、シリンダー内にこもった油を強制排出する重要なテクニックである。
その後、プラグを外して被ったオイルを乾かして、もう一度トライする。


これを数度繰り返したら、ようやくエンジンが始動した。


暖気運転の後、金毘羅社に上がった。


途中、果樹園の作業をしているKさんがいた。

話してみると、
「ぶどうを全部やられた。ネットの弱いところを破られたようだ」
と肩を落としていた。


先月の雨で、土手があちこち崩れた上の災難である。
Kさんは、足場パイプで全てをネットで保護しているのだが、サルは、その弱いところのネットを破って侵入したらしい。


「やっと崩れたところを半分直したのに…収穫前のぶどうを全部…やられた」
とさすがに元気がなかった。


我が家も残りの枝豆を全部やられていたので、「どうしたものか…」と慰めあった。

…晩酌後。

セミの声が激しい。
数年前まで隆盛を誇っていたクマゼミではなく、懐かしいアブラゼミの声が多い。


空を見上げると、つばめが西の方に向かって大きな群れを組んでいる。

騒がしいカラスは数羽の群れで少し違う方向に、低い高度で飛んでいる。

みんなどこに行くのかな。
ちゃんとあてはあるのだろうか。

教えてやりたいが、自分がそもそも何属なのかも分からぬ。
地中にもぐるのがいいのか、とりあえず空に飛べと言えばいいのか…とんと分からぬ。


でも ボクは 空に飛ぶけどね。


 
 

2016年7月29日 (金)

今日は草と闘う

明日の土曜日が仕事なので、今日は代休だった。

そういうことなので、昨夜の晩酌を弾んでしまったので…鬼嫁に起こされた時は…8時であった。

こういうことは滅多にないことなのだが、どうも齢を重ねて以前のような溌剌とした目覚めはなくなった。


酷暑の中の草刈りは、早朝と夕方が勝負なのだが、
「あなたは 休みの前の日になると 深酒をするようになってはいませんか? 死期が近づきますよ!」
というありがたいお告げがあった。


田んぼの水の状態を観て家に戻って考えた。

「今から1時間頑張るか?」

倉庫から二台の草刈り機を持ち出した。

これは用途別になっている。

それから二時間頑張った。
残りを一気に仕上げようとしたら…ヒモカッターの部品が壊れた。


昼に缶ビールを呑もうとしたら、運んできた鬼嫁が、

「そういう事象は そういう行動を起こす人に起こりやすいのですよ」
と冷たく言い放った。


上から目線だったし、その顔と態度が気に入らなかったので、下から横三角で締め落としてやろうかと思ったが、このところの体重がめざましかったので止めた。

この時期の草刈りは地獄である。

朝の2時間。夕方の二時間しかできない。


さて、明日は仕事だ。
でも疲れる。めんどくさい。


2016年7月28日 (木)

ポケモン Go と闘う

先日、鬼嫁から宣告があった。

「盆には孫たちが返ってくるけど…我が家の周辺にポケモンはいるのですか?」

「知らぬ…そのような流行り事には興味がない」

「私は知りませんよ!世界中にいるのでしょ?帰省した時にいなかったら泣くわよ」

「泣いてもいい。人生というものをこんこんと諭してやる」

「あなた!世の中はそんなに甘くはないですよ!孫たちが泣いても知りませんよ!」

昨日は東京に日帰り出張だった。

時間の都合で新幹線になったので時間の余裕はあった。
でもボクはスマホゲームをしたことはないし、ましてやつい最近iphoneに機種変更したので使い方すらよく分かっていないのだ。

昨日の新幹線の行きにずっとスマホをいじってみたが、アカウントやパスワードの設定がややこしくて、どうにも画面までたどりつけなかった。


仕事を終えて、夕方の東京駅では、ビール2本と駅弁、仕上げ用にハイボールを買いこんだ。

でも、品川駅につくまでに1本を空け、弁当を食べだした頃には二本目もなくなってしまった。
ビールがないと駅弁は喉に通らないのだ。

ハイボールには少し早いので、車内販売のお姉さんに、
「ビールを…ロング缶で…二つください」
と、心にもないことを言ってしまった。

ホントは、缶ビールのレギュラー缶を一本でよかったのだが、心にもないことを言ってしまった。
見栄を張ってしまったのである。


その後のことは想像できるだろう。
べろんべろんになったじいさんは、どのアカウントかも分からずにスマホをぐちゃぐちゃにして帰省したのでありました。

…昨夜のことは忘れよう。
鬼嫁にさんざんに罵られた。
駅まで迎えに来てもらってるので正論は還さなかった。


さて今日である。
さきほど仕事から帰ってきて、しっかり晩酌をした。

そこで、鬼嫁から、「あたくしは忘れていませんが…ポケモンはどうするのですか? 孫たちが泣いても 私はいっさい知りませんよ!?」
と再び宣告があった。


自分としては酔い加減は昨日よりは少しマシであったが、宣戦布告は受けてたたねばならない。

でも家の中なので、アカウントとパスワードをいじっていたら、やっとダウンロードしたぽけもんgoが動き始めた。
「おい!我が家もぽけもんだぞ!」

それから外に出てみた。

あちこちいじっていたら、カメラ画像に変わって我が家のベランダに…○○が現れた。


見よう見まねで…「シュ!!!」とやったら、見事にゲットしたみたいだ。


「ふふふ…できるじゃないか…」


ところが、これに名前をつけなければならないのだ。
孫の名前を入れたら…「他の名前にしてね」というメッセージが出る。
孫の名前に…「○○モン」と付けたら…OKが出た。


喜んで家に入って鬼嫁に報告した。

ところが…、


「あなた!あと二匹捕まえないと大変なことになるわよ。
 あそこは3人姉妹でしょ!
 みんなが貰えなかったら どんな騒ぎになるか お分かりでしょう?」


…とりあえず、今晩はここまで。

▼おまけ
鬼嫁の最後の言葉。
「あんた! ポケモンを探しに行って 水路に落ちんことよ!」


2016年7月26日 (火)

やれやれ…

このところずっと外の仕事に出ている。

毎週のように上京して、週末には県外出張をしている。

平日に代休を取って農作業をするのだが、天気の都合で思うようにはならない。

少し前の写真だが、岡山の蒜山高原の試合があった。

写真は上蒜山と中蒜山である。

昔、登った頃を思い出した。

Img_0001


 
 
 
 

これは東京のNTC…ナショナルトレーニングセンターである。

板橋区の住宅街の中にあった。

Img_0011


 
 
 
 

明日は、講道館に行く。

あるアスリート達に会うためだ。


2016年7月21日 (木)

山は呼んでいる

山を歩きたい。


暗い沢を越えて、尾根に出る。
沢で休んだばかりなのに、尾根に這い上がったときには息も絶え絶えになる。


これが最近の山行のパターンになっている。
おじさんの体力はすっかり落ちたようだ。


でも、ヤブ山突撃隊で登るあの雰囲気がどうにも忘れられない。

結成以来…かれこれ20年以上。

あの頃は、元気だったが、歳を重ねたおじさんは体力は落ちてきた。

気力も落ちてきた。


あの元気は何処に行ったか?…と問う気力を敢えて押しつぶしている。


それぞれが好きな山を登っておいて、「いざ!●●山 ○○から行こうね!」というときに集合すればいいのだ。

仲良しグループではないので、ある意味で存在意義があるのだ。

ヒマラヤ登山隊ではないが、そういう意気込みなのだ。


…もうちょっと待ってね。

 
  


2016年7月20日 (水)

暑い!

このところ土日はずっと仕事で出ているので、平日が代休ばかりだ。

退職してから曜日がよく分からない日が続いたが、この三連休もそんな感じに戻った。


午前中の2時間でほぼ体力を使いきる。

ボクは特に汗かきなので、体重は確実に2キロは減る。


明日から再び出張三昧なので、家の周りの一番辛いところの草刈りをした。

真夏の草刈りはまさに地獄である。

tobinokoさんのブログの更新が滞っているのもそれが原因だろう。

刈っても刈っても草が伸びる。

盆までは刈り続けないと…あっという間に耕作放棄地になってしまう。


クラクラする頭の中は、「もうやめよう…」という声が響く。


これを2週間さぼってしまうと、雑草に灌木が生えて始末に負えなくなる。

誰も知らないお百姓さんの世界だ。

だから体験学習は、この時期の草刈りをさせるべきだ。

契約農場も同じ。

田植えをして除草をしたら稲が実ると思ったら大間違いである。

みんなそれを知っているはずなのに、理想を語る輩に期待している。

そんなスーパーマンはいるわけないのに、それを偶像化して奉る。

お祭りはそんなストレスを晴らす意味があったのだが、いまではそれが変容してきた。

日本の文化の程度が下がってきた。


自分が楽をして生きたいだけだ。

日本の文化は そんなものではなかったのだが 地に落ちてきている。

2016年7月19日 (火)

生きております

かれこれ一週間ブログを更新していないが、いちおう生きている。

昨日も今日も家の周りの草を刈った。
元気である。


このところ週末には出張続きであった。

これからもこんな調子だ。


昨日は午前中草を刈って、昼に呑んで爆睡。

夕方再び草を刈って、晩酌をして爆睡。

鬼嫁には山に行こうと言っているが、家の周りが草ボーボーなのでそれどころではない。

たった二週間家を空けたら…こんな有様である。

もう一日、代休があるので草を刈る。

涼しい時に三日かかるので、この時期の草刈りは一周するのにひと月かかる。

だから草を刈り続けることになる。

死にますよ。この時期の草刈りは!!


 

2016年7月14日 (木)

先鋭化するということ

先鋭化とは…先が尖る…つまり、目指す方にひたすら突き進んでいく行動である。

人間に余裕がなくなると、一定方向に突き進む性向がある。


山で言えば、『自分が死んでしまうまで極限に行きたくなる』。


ヤブ山突撃隊の初期の頃、T隊長とこのことを話したことがある。

それが…「ヤブ山突撃隊は安全がモットー」という控えめな?表現になっている。


ボクは、天邪鬼なのでひたすら一つのことに突き進まない性分である。
だからといってそれほど中途半端ではないのだが、昨今の世情が『先鋭化』してならないので、頭に来ているのだ。


自分にそんな性向があるからイヤでイヤで仕方がないのだが、どうしてそんなに尖ってしまうのだろうか。
自分のさっきまでの行動を消したいのだろうな。
イヤだからな。


でもそれを徒党を組んでやるか?


国政選挙や東京都知事選挙の動きをみて絶望的になった。


よっぽど若者の方が自分を主張しているではないか。


そこで、今日の結論。

年寄りが 徒党を組んで みっともない!

 
 

…久しぶりの投稿だが、こんなふうに 頭にアルコールを摂取しながら とりあえず仕事をしています。

2016年7月 8日 (金)

時代の移ろい

再就職後、初めてであった。


家に帰ってみたら、鬼嫁が腕を組んで立ちはだかっていたのだ。

悪いことはしていないので…「どうしたのであるか?」
と上から目線で告げた。


「あのね!!!…電力会社から…」
と、要領を得ないワケノわからぬ説明があった。


結論からいえば、ボクが電気料金と携帯電話代を一緒にする手続きをしたので連絡が入ったのだが、
いくら説明していても、いざその時になると…ひと月はずれるので、
…全て白紙になってしまうので、しばしばこういうメンドクサイことがおこるのだ。


それはさておき、このところガメラの旧作シリーズを毎晩観ているのだが、その拙さに夫婦で感嘆している。


もっとすごい迫力があったのだが、この歳になって観かえすと…しょぼいのだ。


さて、冒頭の鬼嫁の会話に戻る。

我が家も…スマートメーターが設置されるらしい。

某電力会社と通信会社がタッグを組んだ割引作戦なのだろう。

小学生時代の特撮映画を思い出しながら、そして鬼嫁の訳のわからぬ強烈な火炎放射を浴びながら…、

「人生 いろいろ…」
と、さらに酔うのです。

2016年7月 7日 (木)

タッチパネル

通勤でカーナビを切り替えるとき、当然左指で触る。

ところが最近、パネルが反応しなくなった。

実は、これはギターの練習の賜物なのだ。


ギターは左指先で弦を抑えるので、特にアコースティックギターの場合だと、完全なタコができてしまう。
だから指先タッチでは反応しなくなる。


それにしてもうまくはならないし、昔のようにも弾けない。

楽譜やタブ譜もよく見えないので、すぐに厭きる。

こんなとき、タッチパネル対応の手袋をはめたら反応するのだろうか?

冬まで待とう。

2016年7月 6日 (水)

ガメラ vs ギャオス

ほとんど誰も観ていないと思うが、私は今宵もガメラシリーズである。

たぶんこれが放映されたのは、ボクが義務教育時代の最後の頃だと思う。


その最後の頃には、ガメラは足の付け根から火を吹いて、回転しながら飛べるようになった。

しかるに、今の目で見るととても拙いし、VX画像処理もされていない。
あれで飛べたら何でもできる。


とうていハリウッドの最新作とは比較対象にならない。
画像は拙いし、ストーリーも稚拙である。


鬼嫁はぶつぶつ言いながら観ていたが、可愛い息子が大好きな映画なのできちんと観ようと思ったに違いない。


ボクは昔の映像とその時の自分、そして当時の技術力を想像しながら映画を堪能した。

映像や脚本はちゃちだが…いまどきのVFXの技術があれば…いまどきの映画に仕上がるかもしれない。

だから…この映画の10数年後に、今時のガメラ映画が復活したのだろう。


時代の変遷を反芻しながら、そのときの自分を回帰させ、ひょっとしてどこかで同調できたところはなかったのかと必死で探す自分が、情けなくもあり、齢を感じた。

どんな時代で出会っても すごい人間は すごいのだろう。

 

2016年7月 5日 (火)

iphone

退職時に3つ変えようと思っていた。

①車 ②スマホ ③嫁


車は退職前に替えた。

そして先週、スマホを替えた。
ガラケーでもいいのだが、再就職している間は必要なので機種変更をした。

とにかく小さいのが欲しかったので、iphone se にした。
iphoneは使ったことがなかったのだが…速い。

国産はアンドロイドが中心なので、できればそれにしたかったが機能がたくさんついて大きくなるばかりなのでやめた。


パソコンはwindowsばかり使っているし、スマホもアンドロイドばかりだった。


しかし…mac系統は早いな。

デザインや音楽はmac主流と言う理由が分かったような気がした。


あとは…③嫁…をどうするかだけだな。

2016年7月 4日 (月)

ガメラはいないのです

今宵は怪獣シリーズの番組がある。

まずは…『ガメラ』を観た。

敵なのか味方なのか分からないまま終わった。


少年の純真さが強調されていたが、みんな胸に手を当てたら…恥ずかしいに決まっている。


いつから少年は純真で穢れのない無垢な存在になったのだろうか?

人間は、少年の頃からおぞましい欲望と誘惑に惑わされる。


ボクは、それに打ち勝つような人を知らぬ。

そもそも人間がそんな存在であるわけがない。

それを超えるために、音楽や芸術で表現しようとしてきたのだが、これを極めた人も観たことがない。


だから…どうでもいいのだ!…という輩が闊歩している。

我が家の畑を荒らした輩と同じである。


頑張ろうとしている人や、欺瞞に満ちた人、守ってあげなければいけない人がいる。

でも、それにかこつけて…許せぬ輩が出てくる。

いくら踏みつぶしても次から次へと現れてくる。

火をつけて一網打尽にしてしまいたい。

それが…現実にはできない。

これが…現実である。


これをどう打破するか…が、人の生き様である。

2016年7月 3日 (日)

闘うぞ!

裏山の様子がおかしい。
ガサガサ音がするので上がってみたら…サルがこっちを見ていた。

「こらぁ~!!」
と追いかけると、木々の枝がガサガサ揺れた。
群れで来ていたのだろう。


畑に行ってみると…この有様であった。

001


 
 
003


 
 
 
あと2週間後には、おいしいエダマメでビールが飲めるはずだったのに、猿軍団がボクの夢をブチ壊してしまった。
004

「もう許さん!」
と鬼嫁に告げて、打ち上げ花火を買いに行かせた。


その間、発射台用の竹を切った。

006

鬼嫁が帰るなり、すぐにセットした。 

早速セットして火をつけた。

「シュー!!!!」
と導火線に火がついて山に向かって飛んで行った。

「????????」

「あれ?鳴らないの?」

最後に盛大に…「パーーーーン!」と音を立てるはずだ。

湿気ていたのだろうと思って次の花火をセットした。

「しゅーーーーーー!」
と飛んでいくが、爆発音がしない。

「なんじゃ~ぁ! こりゃ~!”!!!!!」


猿退治はそっちのけで、鬼嫁とケンカをした。

「お前は 何を買いに行ったのか!」

「私は 打ち上げ花火を買いましたよ。飛んでいるではありませんか」

「ばか!最後に…バーン!と鳴らんと猿が逃げんじゃろうが!!」

「私は分かりません。これでもあれこれ探したのですよ」

「アホか!鳴らなければ逃げんじゃろうが!!」

「飛ばしてみないと分かりません。そんなに言うなら貴方が買いに行きなさい!」

ボクは昨夜、例の同級生たちと深夜まで呑み明かして二日言酔いであった。

こともあろうに、鬼嫁はその仇をこの場でとろうとしているのだ。

頭に来たボクは社まで上がってみた。

すると…芝桜公園が大雨で崩れていた。

007

Tさんと話したら、梨を猿にやられたそうだ。
全体をネットで覆っていたのだが、ネットを破られて甚大な被害らしい。


山を降りながら天を仰いだ。


「わしの敵は 気候か 猿か それとも鬼嫁か?」
 
 
 
 

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »