2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« じじい達の平日 | トップページ | 鍬をふるう »

2016年11月 4日 (金)

極早生と中晩生と晩生の誓い

昨夜は、社の例祭と直会。
おかげで撃沈した。
でも早寝早起きである。

早起きは三文の得だが、職場に早く行っても得にはならないので、普通に出かけた。


さて、本題である。
噂には聞いていたが、『タマネギ』 の苗が店頭から消えていた。

今日、仕事の帰りにホームセンター2店、老舗の種苗店に立ち寄ったのだが、注文はおろか入荷停止状態であった。
あわててネットで探したが、ほとんど全て売り切れで、今後の発送予定なしの状態であった。
かろうじて、晩生の苗が300本確保できた。

そこで考えた。
「タマネギ苗の生産農家になろう!」

今年は、西日本各地で『べど病』が大発生した。
そのせいもあって、苗が出るや否や購入客が殺到して、11月になったばかりなのに入荷停止状態になってしまった。


鬼嫁は、ボクのネット注文を横目に、
「苗がそれだけするのなら 買った方が安いわ」
とほざいていたが、こういう人種は…、
「砂漠のど真ん中でも 金さえ出せばタマネギは買える」
と妄想を抱いているバカである。


そんな人は相手にしたくはないが、商売相手にしてあげたら儲かりそうな気がするので、ボクは『タマネギ苗の生産農家』になることにした。


タマネギの苗を作ったことはないが、『下仁田ネギ』の苗は毎年作っているので、なんとかなるかもしれない。

『どろなわ』とは、こういうことを揶揄しているのだろうが、山と一緒で…楽なことしか考えない日本人ばかりの世の中になっているから、冷や汗とウソ泣きの涙を流したら、意外とあっさり展望が開けるかもしれない。


来年はまじめに種を播こうと思う。
ほんとである。

« じじい達の平日 | トップページ | 鍬をふるう »

野良仕事・山仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/64444440

この記事へのトラックバック一覧です: 極早生と中晩生と晩生の誓い:

« じじい達の平日 | トップページ | 鍬をふるう »