2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 時の流れ | トップページ | 2017 アップグレード版 »

2016年12月27日 (火)

一次関数と二次関数の戦い

明日から休みにした。

家に帰ると、鬼嫁が年末年始用にいろいろ準備していた。
明日から、かしましい3人姉妹の孫が帰省するのでそれなりに準備をしているのだろう。

でも晩御飯になると、眼を合わさないまま、
「イタリアに行きたいのよね…」
「行く気があれば行けるよ!」
…と、ここまではたいへん仲良しな夫婦であった。

どうやら、先日の会話をずっと考えていたようだ。
「ボクの先は短い。いけるときにさっさと行っておこう。行きたいところがあれば、早いうちに行こう」
と語った…らしい。


その後ボクはトイレに行って、少し違和感を感じた。
たしか一昨日、パジャマのゴムが緩くなっていたので、
「捨てるか、ゴムを替えるかしてくれ」
と優しく言ったはずだ。

ところが、ゴムは10センチも延びない。
ここでボクは、ピーンときた。


リビングに戻るなり、鬼嫁にこう宣言した。

「おまえ!ゴムを絞っただけだろう?」
「はぁ? 替えましたよ!」

「何処を替えたんだ?」
「ぜんぶ 替えましたよ!」

「なにぃ~また ウソを突くのか!!」
「ゼンブ! カエマシタ!!」

「ホントにゴムを替えた? まさか?100均?」
「ダメだった? 分かった?」

「バカ!」
「………」


若い夫婦で、少しでも節約しようとしたのなら美談である。
ところが、仕事を37年間頑張った亭主の延びたパジャマのゴムを…100均で買ったのである。
延びるわけがない。

還暦を過ぎた夫婦がどうして、パジャマのゴムでケンカをしなければいけないのだろうか。

悪いのは鬼嫁であった。

いきなり理不尽に切れたので、優しく諭してやろうとした。

一次関数と同じである。
ある座標から突然、思いもよらない方向に向かっていく。

ボクを見習え。
ボクは緩やかに、次は変えますよと…言いながら向きを変えていますよ。


ところが、ここで、
「明日から 孫が帰ってくるのですよ!!」
ときつく言われた。

孫が帰ってくることと、ボクのパジャマのゴムとの間に相関関係はないはずだ。

ところが、3人の孫とボクは同じカテゴリーのようだ。


二次関数のように…曲線的に動けば対処のしようもあるのだが、いきなり直線的に向きを変える。

げに…げに…女は恐ろしい。

« 時の流れ | トップページ | 2017 アップグレード版 »

ビジネス・人生論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/64683741

この記事へのトラックバック一覧です: 一次関数と二次関数の戦い:

« 時の流れ | トップページ | 2017 アップグレード版 »