2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 焚書 | トップページ | おかしいなぁ… »

2017年1月11日 (水)

ヤブ山ヒストリー

年末に突然、40過ぎの中年男が我が家を訪ねてきたらしい。

ちょうどボクは仕事に出ていたので鬼嫁が対応した。
鬼嫁によれば、
「今は○○県に住んでおりますが、祖母が生前、父の墓をきちんとできずに、お参りもできないことをしきりに悔やんでいたので…市役所で色々調べて…ようやくここまでやってきました」
と口上を述べていたそうだ。

「私には分かりませんので、主人が午後には戻ると思いますので…」
と伝えたそうだ。

そのことを聞いたボクが待っていると、その男が再び我が家にやってきた。


我が家の家系は、曾祖父の代に複雑になっていて、ボク自身墓参りの人たちが誰なのかよく分からないので、母に家系図を書いてもらっている。


それを持ち出して、彼と話をした。
色々と話をしているうちに、曾祖父代の「○○」ではないかということが判明した。


彼とボクがかすかに覚えている『○○ちゃん』の共通事項もあった。


しかし、彼が探していた墓には墓標はない。
ボクが若い頃に木標が朽ち果ててしまっている。
ボクが学生時代に、「墓地に建立することができないので、傍でもいいから建てさせてほしい」
という記憶で亡父が承諾して、その後、母が世話をしてきた無縁仏のような墓であった。


お参りする人がいないので、木標が朽ち果てた後は、その跡に目印の石を祀り、花立てとお供え用の皿を置き、我が家の墓参りの都度、ついでにシキビをお供えするだけになっている。


彼にそれを伝えるのは残酷だと思ったが、
「これがお墓です」
と指さした。


彼は、
「ありがとうございました」
と言って、菊の花を捧げてお参りしていた。


「5月頃には伯叔母と一緒にお参りに来ようと思います」
と聞きながら別れた。


目印の石しかない墓を…彼はどんな思いで拝んだのだろうか。

« 焚書 | トップページ | おかしいなぁ… »

部落の行事、昔の習慣・風俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/64751051

この記事へのトラックバック一覧です: ヤブ山ヒストリー:

« 焚書 | トップページ | おかしいなぁ… »