2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

書くかぁ…

いろいろ仕事や家のことで少し忙しかった。
書こうと思えば書けたのだが、みなさんと一緒で…たぶん書く気がしないのだ。

でも気を取り直して書いておこう。


まず籠池劇場と国会の話。

ボクの感覚からいえば、政治家にはつきものの構図のこと。
官僚たちは政治がらみの話には敏感で、これを処理するときには最大限の注意を払う。
ダメなものはだめだし、できるものはできる。
それをやっただけだろう。

だから、土地処分の問題や、夫人付きの職員の手紙やメールをいくら攻めても無駄である。
だって、彼らはそんな悪事を働こうとは思っていない。
その上層部を攻めても無駄である。
完全犯罪が成立している(つまりきちんとした手続きを踏んでいる)し、『悪魔の証明』状態になっているから、これ以上なにをやっても無駄である。
これを攻める人たちは、大人ではないと思う。
いくら裁判になっても証拠がでない。
状況証拠もない。
だれがどうしようとしたかも分からない。
詮索するだけ無駄な事件だと思う。

その2.
裁判官の話である。


ある原発の再稼働の判決について、原告側やマスコミが、
「再稼働を容認!」
と騒いでいた。

これはおかしな話だ。

だいいち、裁判官には国に重要な決定を任されてはいない。
かれらに国を左右する権限も能力もない。

せいぜい…訴えに対しての裁決を下せるだけの職種である。
その職の人間に対して、「原発の是非を決定権はない」のだ。
そのことを肝に銘じるべきだ。
決定権は国民にだけ与えられている。
それを忘れてはならない。


その3.
政治家と有権者のこと。

立候補するには、三つのかばんが必要になる。
金と地盤と候補者本人がいる。

このためには何かを犠牲にしなければならない。
支援者や自分の理想を捨てる必要がある。
それがイヤならならなければいい。
やりたいひとはやったらいい。
それでもやりたいなら、それを公言すればいい。


普通の大人ならば、「大人の事情」は分かっている。
その事情を暴くのがマスコミの使命のようであるから、それを前もって公言した方がいい。

世の中に、「善人」は存在しえないのだから、それを堂々と公言すればいい。

ボクは、小池都知事が嫌いだ。

彼女はマキャべリストで、ポピュリズムをまとって人々を騙している。
石原元知事は責任を取らされる状況に攻め込まれているが、いわば天然ぼけに近い。
彼に悪気はないが、彼女には企みがある。
それがぷんぷん匂ってくるから、反吐が出るほど嫌いである。

人間には纏わりつく匂いがある。
それは振り払っても振り払っても拭いきれない。
自分の中身を変えない限りつきまとう悪霊のようなものだ。


人のために頑張る人は…そんなに胸を張って言葉を吐かない。

…他人の悪口はみっともないので、もうやめる。


2017年3月25日 (土)

疲れた

ずっと飲みつぶれていたので、今宵は、まじめに書こうと思ったが…。


今日も先週の続きで、裏山の裏の雑木を切った。

もうれつな急斜面。

切り倒した切り株に足を乗せて切る。

下のTさんや、隣山のKさんが見に来た。

さて、一昨日、周南山の会の掲示板に書き込んでしまったようだ。

実は…湯田温泉で呑んで、泊まりました。

酒のせいではない。
自分のせいだ。

きっと日曜日の酒盛りの時の記憶が残っていたようだ。


数日ぶりに鬼嫁に出会った。

相変わらず ふてくされたままの顔であった。
微笑んで亭主を迎える気はないようだ。


さて、ドラムからの連絡待ちだ。

ボーカルのSさんはマイクリハーサルで紹介しうようと思う。


2017年3月20日 (月)

野良仕事

完全休養の三連休だった。

初日は春野菜の準備。
中日はTさん、Kさんの助っ人を仰いで裏山の道路脇の雑木の伐採。
今日は雨が降る前に二度目のたおこしをした。


疲れた。

2017年3月17日 (金)

善と悪

善を悪が攻撃する。

悪に対しては善はバリアーをはって防御すればいい。
悪を遮断すればいい。
もしも突破されたら善を貫けばいい。


これは生きている人間にとっては実体験なのだが、この世は架空世界なので、
「悪はいけない。善は正しい」
という現実世界では生き方が難しい。


普通の人間には、「悪い」ということが分かる。
でも人間なので、「悪いけど仕方がない」という悪魔の声が聞こえてくる。


ボクは、こういう気持ちを『原罪』と書いているのだが、これを宗教に利用されたくない。

キリスト教の『原罪』は知らないが、どうにも越えられない人間の弱点がある。

それにかこつけてくる輩が許せないだけだ。


悪貨は 良貨を 駆逐する…のでしょうなぁ。

…ひとりごと。備忘録。


2017年3月12日 (日)

アップデート完了

この三日間、畑の準備に勤しんだ。

3月だというのに草が伸びている。
このまま耕すと雑草の根が残るので、せっせと草を抜いた。

ジャガイモは昨日、畝立てをしたので、春野菜用に残りを全部仕上げた。

もうヘロヘロである。

明日から仕事。
でも葬儀が舞い込んできたので、喪服を車に積んだ。


だいたい体も戻った。


2017年3月10日 (金)

外国で日本の異文化を知る

はちべえどのの指摘のとおり外国へ行ったのだが、自国の異文化を知る羽目になった。

ツアー旅行なので、ほぼ2/3が退職組の夫婦連れ。
残りが学生の卒業旅行やOL達のグループであった。

夫婦連れはほぼ同世代か少し上のようだ。

飛行機で移動中は同じようなものだったが、観光地を巡り始めたあたりで、
「あれれ?」
と思い始めた。


旦那がやけに優しいのである。
細君の写真をカシャカシャ撮るのである。

はじめのうちは記念のために撮っているのだろうと思っていたが、次第に「あれ?」と思うようになった。

細君を被写体にしてご満悦なのである。
それがほとんどの夫婦がそうなのだ。
気持ちが悪いほど仲が良さそうなのだ。
でも気持ちが悪い。


おまけにガイドや添乗員が、
「ここは写真スポットです!ご一緒の写真をお撮りしますから!!」
といざなうのだ。


ボクたちは、それを促されても何の意思疎通をしないで、お互いが即座に、
「いいです…」
と拒否。

「ホントに いいんですか?」
とガイドたちは残念そうであった。


ボクは映されるのは嫌いだし、鬼嫁も写真にはおさまろうという気はないようだ。
だから一緒に写っている写真はない。


ところが、そんなツーショットに飽き足らないご主人たちは、奥さまを被写体にして動画モードでずっとカメラマンを貫いている。


「奥さんの写真を撮ってどうするんだろう?」
「知りません!みんな優しいご主人なのよ」

二人揃って写真を取ろうとしない二人を観て、きっとガイドたちはボクたちを離婚旅行に来た夫婦だと思ったに違いない。

さて、ツアー旅行にはお決まりのお土産品での買い物時間がある。

自分が欲しいものにしか興味がないボクには地獄の時間である。
これには鬼嫁はつきあっていた。


ボクはブランド店や貴金属店などに立ち寄るたびに、すぐに外に出て周辺を散歩した。


このあたりから…鬼嫁がしゃべり始めた。

「あの少し年上のご夫婦がいたでしょ? ○○のバッグを買っていましたよ。
優しそうなご主人の二人も、奥さまが買うまでずっとそばにいましたよ。
派手目な奥さんがいたでしょ? ずっと提げていたバッグは△△ブランドだったけど、そのお店に入って行かれましたよ」


「欲しかったら 買えば?」
「そういうことを言っているのではありません!」

「はぁ?」
「そういう夫婦が多いという事実を言っているのです!」

「お金があれば買ったら?」
「そういうことを言っているのではありません!
私はそんなブランド品が欲しいのではありません!」


「このツアーはセレブが多いのかのう?」
「知りません!」


ここまでくると、会話が全然成立していないことはボクでも分かる。

鬼嫁は見たこともないきれいな服を着ているし、他所の奥方と比べてもそれほど遜色はないように見える。
きっとこの日のためにどこかで買ったに違いない。

でも、外国のブランド店で爆買できないことは、いまの生活から悟っているはずだ。


そこで問うてみた。

「欲しかったら買えば?」
「べつに欲しくはありません!」


ここで突っ込みを入れたら話がこじれるので、無視することにした。

そのうち鬼嫁が呟いた。
「みんな 優しい ご主人なのね!」


もう少し考えてみた。

鬼嫁は買い物をしたいわけではなくて、旦那が、
「おまえ これなんか どうだい?」
ということを求めているのではあるまいか?と。


そこで心にもないことを言ってみた。
「見てみる?」
「べつに欲しいとは思っていないから…」


裕福ではないボクと結婚したことに落胆するような歳ではないし、それは分かっているはずだ。

でもここでの反応はどうもおかしい。
セレブに対抗する気はないくせに、なぜかおかしい。
なんでか?


どうやら鬼嫁は、日本の正しい?夫婦を目の当たりにして、
「我が夫は とてつもない冷淡なヤツ!」
と悟ったらしい。


と同時に、
「これが 我が夫である!」
と再認識したようであった。


鬼嫁の心は読めないが、たぶんそんなところだろう。


『釣った魚にえさはいらぬ』
というが、
『押し掛け女房に…えさはいらぬ』
と、むかし我が子どもたちにそんなことを吹聴したら、鬼嫁が血相を変えてきて怒ったことを思い出した。


それにしても、世のご主人はどうしてあれだけ細君に優しくするのだろうか?
…外国に行ってそれを思い知らされた。


「しょせん女房でしょうが! どうでもいいでしょうがぁ!!!」
と言いたい。


長くなったが、これがいちばん感じたこと。

(ロミオとジュリエットの舞台…ベランダ)


04


阿保らしくなったので…おしまい。


2017年3月 9日 (木)

鬼嫁に引かれて…○○○○参り

どうしても行きたいと言うので行ってきた。


01


 
 
 
03


 
 
 
04


 
 

さっきから焼酎の湯割りをがぶ飲みしながらアップした。

おしまい。


 

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »