2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 鬼嫁に引かれて…○○○○参り | トップページ | アップデート完了 »

2017年3月10日 (金)

外国で日本の異文化を知る

はちべえどのの指摘のとおり外国へ行ったのだが、自国の異文化を知る羽目になった。

ツアー旅行なので、ほぼ2/3が退職組の夫婦連れ。
残りが学生の卒業旅行やOL達のグループであった。

夫婦連れはほぼ同世代か少し上のようだ。

飛行機で移動中は同じようなものだったが、観光地を巡り始めたあたりで、
「あれれ?」
と思い始めた。


旦那がやけに優しいのである。
細君の写真をカシャカシャ撮るのである。

はじめのうちは記念のために撮っているのだろうと思っていたが、次第に「あれ?」と思うようになった。

細君を被写体にしてご満悦なのである。
それがほとんどの夫婦がそうなのだ。
気持ちが悪いほど仲が良さそうなのだ。
でも気持ちが悪い。


おまけにガイドや添乗員が、
「ここは写真スポットです!ご一緒の写真をお撮りしますから!!」
といざなうのだ。


ボクたちは、それを促されても何の意思疎通をしないで、お互いが即座に、
「いいです…」
と拒否。

「ホントに いいんですか?」
とガイドたちは残念そうであった。


ボクは映されるのは嫌いだし、鬼嫁も写真にはおさまろうという気はないようだ。
だから一緒に写っている写真はない。


ところが、そんなツーショットに飽き足らないご主人たちは、奥さまを被写体にして動画モードでずっとカメラマンを貫いている。


「奥さんの写真を撮ってどうするんだろう?」
「知りません!みんな優しいご主人なのよ」

二人揃って写真を取ろうとしない二人を観て、きっとガイドたちはボクたちを離婚旅行に来た夫婦だと思ったに違いない。

さて、ツアー旅行にはお決まりのお土産品での買い物時間がある。

自分が欲しいものにしか興味がないボクには地獄の時間である。
これには鬼嫁はつきあっていた。


ボクはブランド店や貴金属店などに立ち寄るたびに、すぐに外に出て周辺を散歩した。


このあたりから…鬼嫁がしゃべり始めた。

「あの少し年上のご夫婦がいたでしょ? ○○のバッグを買っていましたよ。
優しそうなご主人の二人も、奥さまが買うまでずっとそばにいましたよ。
派手目な奥さんがいたでしょ? ずっと提げていたバッグは△△ブランドだったけど、そのお店に入って行かれましたよ」


「欲しかったら 買えば?」
「そういうことを言っているのではありません!」

「はぁ?」
「そういう夫婦が多いという事実を言っているのです!」

「お金があれば買ったら?」
「そういうことを言っているのではありません!
私はそんなブランド品が欲しいのではありません!」


「このツアーはセレブが多いのかのう?」
「知りません!」


ここまでくると、会話が全然成立していないことはボクでも分かる。

鬼嫁は見たこともないきれいな服を着ているし、他所の奥方と比べてもそれほど遜色はないように見える。
きっとこの日のためにどこかで買ったに違いない。

でも、外国のブランド店で爆買できないことは、いまの生活から悟っているはずだ。


そこで問うてみた。

「欲しかったら買えば?」
「べつに欲しくはありません!」


ここで突っ込みを入れたら話がこじれるので、無視することにした。

そのうち鬼嫁が呟いた。
「みんな 優しい ご主人なのね!」


もう少し考えてみた。

鬼嫁は買い物をしたいわけではなくて、旦那が、
「おまえ これなんか どうだい?」
ということを求めているのではあるまいか?と。


そこで心にもないことを言ってみた。
「見てみる?」
「べつに欲しいとは思っていないから…」


裕福ではないボクと結婚したことに落胆するような歳ではないし、それは分かっているはずだ。

でもここでの反応はどうもおかしい。
セレブに対抗する気はないくせに、なぜかおかしい。
なんでか?


どうやら鬼嫁は、日本の正しい?夫婦を目の当たりにして、
「我が夫は とてつもない冷淡なヤツ!」
と悟ったらしい。


と同時に、
「これが 我が夫である!」
と再認識したようであった。


鬼嫁の心は読めないが、たぶんそんなところだろう。


『釣った魚にえさはいらぬ』
というが、
『押し掛け女房に…えさはいらぬ』
と、むかし我が子どもたちにそんなことを吹聴したら、鬼嫁が血相を変えてきて怒ったことを思い出した。


それにしても、世のご主人はどうしてあれだけ細君に優しくするのだろうか?
…外国に行ってそれを思い知らされた。


「しょせん女房でしょうが! どうでもいいでしょうがぁ!!!」
と言いたい。


長くなったが、これがいちばん感じたこと。

(ロミオとジュリエットの舞台…ベランダ)


04


阿保らしくなったので…おしまい。


« 鬼嫁に引かれて…○○○○参り | トップページ | アップデート完了 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/64996756

この記事へのトラックバック一覧です: 外国で日本の異文化を知る:

« 鬼嫁に引かれて…○○○○参り | トップページ | アップデート完了 »