2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« マニュキュアを塗ったじじい | トップページ | 時間が逃げていく »

2017年7月26日 (水)

還暦過ぎても…

しばらくブログをさぼった。

県外に住む兄の見舞いに行ったり、土日の仕事が相次いだので、晩酌をして少しギターの練習をしたら爆睡である。
先週、ようやく土日がフリーになったのだが、あまりの暑さに家の中でゴロゴロ。

日曜日になって、3回目?のバンド練習。
難曲の「真夏の夜の夢」を中心に頑張った。
この曲をバシッと決められれば相当なレベルに達するのだが、リズムと間のとり方が猛烈に難しい。
ボーカルのさくらばばさんも、途中で半音上げるところで苦労していた。
無音のところで、いきなアカペラで、しかも半音上げて歌い始めるのだから…プロでも難しい。
やっと全体を通して演奏できるようになってきたが、まだまだ40点のレベル。
ほかの曲も含めて本気で練習しなければならない。

その後、悪友Mの自宅へ。
MHの出版祝を兼ねていつもの悪友4人組で宴会だ。
鬼嫁に連れて行ってもらったのだが、無言で「ウコンの力」を渡された。
それを飲みながら玄関をくぐったら、MとTはすでに酔っぱらっていた。
それから1時間後、ボクも酔っぱらった頃、MHがやってきた。
酔っぱらい3人に、揮毫入りの新刊をプレゼントしてくれた。
『ツボ押しの達人』という文庫本です。
深夜まで飲み明かし、いつものようにMHの車で送ってもらう。

翌日は代休日。
ウコンの力が効いたのか、酒の飲みようが足らなかったのか分からないが、すこぶる元気であった。
それを見透かしたように、鬼嫁が、
「盆に○子が三人を連れて帰省します。みんな大きくなってきたので、ソーメン流しの場所を変えます。したがってもっと長い竹が必要となります」
と上から目線で仰った。
この時期、竹林に入るとヤブ蚊のえじきになることは必定。
麦わら帽子に防虫ネットをかけ、左腰に蚊取り線香、右腰にノコと鉈をぶら下げて山へ向かった。
マムシがわんさかいそうな暗い竹林で、4メートルほどの長さを切り出す。

家に戻ると、竹を半分に割り、ハンマーで節を砕く。
さらにノミで節をていねいにくりぬく。
仕上げに、竹の縁をカンナで丸く仕上げる。
竹の「すいばり」は鋭利なので、最後にサンドペーパーをかけた。

この時点で汗びっしょりになった。
「お~い!ビール!!!」
…鬼嫁は能面のような顔をして、「どん!」と缶ビールを置いた。


昨日、前の職場の後輩が突然死したという訃報に接した。
56歳の現役である。
将来を嘱望されてきたヤツで、いよいよこれから大役を任されるというこんな時期に急逝とは…。

父が急性心筋梗塞で亡くなったのも7月の暑い日だった。
まだまだ暑い日が続く。


« マニュキュアを塗ったじじい | トップページ | 時間が逃げていく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/65582303

この記事へのトラックバック一覧です: 還暦過ぎても…:

« マニュキュアを塗ったじじい | トップページ | 時間が逃げていく »