« ハガキ印刷 | トップページ | 介護ロボットよりもお助けロボット »

2017年11月26日 (日)

エンディング

バンドで「冬の稲妻」をやろうということになったのだが、楽譜だけではエンディングの所がよく分からないので、ネットでアリスのCDを注文した。

なるほど…楽譜どおりだ。

現実との違いが微妙だが、やっぱり聴いてみないと分からないところがあった。

真実は音。
それを描いたのが楽譜。
本来は音だけで済むはず。

楽譜でわからないし、音だけでも自信がない。

凡庸な人間は、両方を聴いたり眺めたりしながら先を目指す。
情けないがこれが現実。


「才能は天賦のもの」と言われているが、芽のないところから這い上がる努力を誰かに褒めて欲しい。

…これが人間だと思う。


« ハガキ印刷 | トップページ | 介護ロボットよりもお助けロボット »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンディング:

« ハガキ印刷 | トップページ | 介護ロボットよりもお助けロボット »

無料ブログはココログ