2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月15日 (月)

老後に備える

昨日は京都に出張したので今日は代休。

懸案だったTさんの家の裏の土手に除草シートを張った。
前もってTさんに手伝いを頼んでおいたので、二人で急斜面にシートを広げながらピンで留める。

何しろとてつもない急斜面で、擁壁の高さが2メートルもある。
擁壁の天端が20センチぐらいしかないので、バランスを崩したら大変なことになる。

そんな土手を草刈り機で刈るのは大変な神経と体力を使う。
しかも刈る時期は暑い時である。
年に2~3回刈るのだが、還暦を過ぎた頃から次第に自信が持てなくなってきた。
はっきりいえば、自分が信用できないのだ。
そのうち草刈り機もろとも落ちて大けがをするか、死んでしまうに違いない。

ということで、除草シートを張ることにしたのだ。
おおまかに寸法を測って、1m×50mを2本、ピンを300本分購入した。

二人が腰にハンマーとピンをぶら下げて、声をかけあいながらシートを張った。
ちょうど昼前に粗方張り終えたので、Tさんに礼を言って、昼からはひとりで仕上げのピン打ちをした。

ピンを標準のピッチで打つと、すぐに風で巻き上がると聞いていたので、標準の1/2の間隔で打ち込んだ。
途中は梯子をかけながら、体を斜面にくっつけて打ち込んだが、さすがに疲れた。

還暦バンドのタケやんからは、「エレアコ(アコースティックギターにアンプが付いたもの)を買えよ!」
と言われているが、お百姓さんにはこうした土地を守る費用が嵩むのです。

夕方、端の処理を含めて全部の作業が終わった。

これで数年は真夏の草刈り作業から解放される。
でも、これはボクの草刈りエリアの1%にも満たないのだ。
やれやれ。

Dote


2018年1月 4日 (木)

最後のジェダイⅡ

年内に田んぼの荒起こしを済ませておきたかったので、年末年始の休みに入ったその日に、修理を終えたばかりのトラクターで耕うんした。

自動水平機能が完全に回復し、田んぼがほぼ平らになった。
たぶん10年以上も故障したままだったのだろう。
こんなことなら早めに修理に出しておけばよかったと悔やんだ。

ことしは切り株からの二番穂(ヒコバエ)の成長がほとんど見られない。
稲の刈取り後の10月下旬に寒波が到来した影響だろう。
ヒコバエの育っていない田んぼを耕すのは初めてのような気がした。
これも異常気象なのだろうか。
そういえば雑草の伸びもほとんどなかった。

亡き兄の忌中のため、しめ飾りも鏡餅も用意しなかった。
ことしは良い藁が採れたので、きれいなしめ飾りがこしらえられると期待していたのだが残念だ。
良い藁は、刈取り前に雨に降られないことが必須だ。
去年の秋は晴天の日が続いたので、刈取り前の稲が水を吸うことがなかったので、藁の根元が黒ずんでいなかったのだ。
おまけにコンバインもスタックすることもなかった。


さて、年末年始の5人の孫たちの喧噪も終わりを告げた。
昼前の新幹線で帰る予定の3人の孫たちが出勤するボクを見送ってくれた。
「じいじ!また夏に帰ってくるからね」

また会えるとよいが、最後のジェダイはどうなるか分からんのだ。


« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »