2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月 7日 (水)

ヤキがまわってきたかなぁ?

いよいよ還暦バンド「桜B組」の発表会が迫ってきた。

練習も佳境を迎えている。
先日、「スターピア下松」の音楽練習室を借りたが、まるでプロが使うスタジオ録音室のようでかなり気合が入った。

ボクはアコースティックギターにピックアップマイクを付けて、それを大型アンプにつないで音を出しているのだが、断続的に音が切れるので困っていた。


てっきり、フィードバック機能(大音量時に自動的に電流を遮断する機能)が働いて音をシャットダウンしているのだろうと思っていた。


▼webから写真を借用

Irigacousticstage_main_20161222


先日の練習時にも同じような症状が出ていたのだが、ある弾みで、ベルトに提げていたプリアンプが床に落ちた。

拾い上げてみると電源はONになっているのに、動作ランプが点灯していない。
電池が切れたのかと思って蓋を外してみると、電池がポロンと飛び出してきた。

新品の乾電池をはめようとしたら、
「?????」
…ズボズボで端子に届かないのである。

通常、マイナス端子がバネ状になっていて、それで電池を固定しているのだが、バネが半分につぶれていた。
バネをグイグイと広げて電池をはめてみると、電源が復活した。

その後は音が途切れなかったと記憶している。


…そのことを5日経過した今日思い出した。

「いままでは、バネがかなりつぶれており、接触具合によって電源が入・切を繰り返していたが、今回、床に落下したことにより、電池の重量でバネが更に押しつぶされてしまったのではないか?」

次の練習時にこの推論が正しかったかどうかが立証されるはずだ。


…でも、数日たってこんなことに気づいてしまう自分が情けない。


« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »