« 蒼い空 | トップページ | 蛙の合唱 »

2018年6月 6日 (水)

気がつけば6月

仕事が断続的に忙しくて落ち着かない日々を過ごした。

やっと休みが取れても、家の周りや田の畦畔の草刈りが待っている。
特にこれから数ヶ月は、2週間に一度は草刈りをしておかないと手に負えなくなる。
全体を刈り終えるのに3日かかるので、土日のどちらかは草刈りをすることになる。

そんな中、この土日は田んぼの代掻きを終えた。
今年は適当に雨が降ったし、早めに梅雨入りしてくれたので、水の心配もなかった。
今週末はいよいよ田植えだ。

代掻きを終えたら畑へ。
タマネギの晩生を収穫したが、べと病にやられて赤ちゃんの握りこぶしぐらいにしかならなかった。
べと病の農薬を2度散布したがダメだった。
4月末に収穫した極早生は立派にできたのに晩生はひどかった。
一昨年と同様な状況で、近隣のタマネギも晩生は壊滅状態だ。
来年からは、極早生や早生を中心に植えるしかなさそうだ。

ジャガイモの茎がだいぶ萎れてきたので、今週末には収穫できそうだ。

ナス、ピーマン、シシトウ、トマト、キュウリに支柱を立てる。
白ネギは発芽したが、ホウレンソウは全く芽が出ていない。
サトイモやミョウガも発芽の気配がない。
仕方なく除草に取り掛かったが、すぐに気力が萎えてきて早めの晩酌に逃避した。

来月から土日はすべて仕事が入っている。
でも、平日に代休を取ることに引け目を感じなくなったし、飲み仲間の悪友たちはいつでもOKなので支障はない。

今月でいよいよ63歳になる。
父が59歳、兄が62歳で亡くなったので、よく頑張ったと自分を褒めてやりたい。
現在特に目立った病気はないが、家系的にはいつお迎えが来てもおかしくない。

鬼嫁や子供たちのことを考えて生前整理をしておかなければならないが、どこから手を付けてよいか思案に暮れながらダラダラと過ごしてしまう。
昨年スタートした還暦バンドもあと何年できるかわからない。

…そんなことを想いながら晩酌に勤しんでいる。


« 蒼い空 | トップページ | 蛙の合唱 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気がつけば6月:

« 蒼い空 | トップページ | 蛙の合唱 »

無料ブログはココログ