2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 暗すぎて字が読めない! | トップページ | 死刑囚のボヤキⅡ »

2019年1月25日 (金)

死刑囚のボヤキ

先日、最後の審判を受ける覚悟で病院へ行った。

まずは採血。
採血室は一度に6~7人ぐらい採血可能だ。
次から次へと呼び込まれていく。
ほどなくしてボクの番が来た。
番号表示に従って該当スペースに行ってみると、どうみてもホヤホヤの新人のおねえさんが立っていた。
試験管も6本ある。イヤな予感がした。
「少し苦労しますよ」と言いながら右腕を見せた。
新人看護師さんはあちこち触ったりパチパチ叩いたりしたが、恥ずかしそうに、
「左手も見せてもらってよろしいですか?」
と告げてきた。
同じように触ったりしていたが、急にきりっとした顔になって、
「ちょっとちくりとしますけど…」
と言いながらブスリと刺してきた。
おねえさんが何も言わないので、ダメなのかなと思っていると、優しい声で、
「ちゃんとお採りできていますので、もう少しお待ちください」
と告げてきた。きっと立派な看護師になるだろう。

次はCT検査。
予め造影剤の注入口を確保するため腕に採血針を刺される。
待合室で行われるのだが、ここの担当は茶髪系のイケイケおねえさんだった。
愛想はいいのだが、どうも針の挿入がスムースではなかった。
3人に一人ぐらいの確率で腕を変えているようなのだ。
イヤな予感を抱えたままボクの番になった。
「採血したばかりなので右腕でもいいですか?」
と言いながら腕を差し出す。
いけいけねえちゃんは、
「そうですねぇ…」
といいながら少し迷いながら、
「少しちくっとしますよ」
と言いながらすっと刺してきた。
ところが、すぐに刺すような痛みが走った!
「あいたたた…」
と口に出したら、おねえちゃんは素早く引き抜きながら、
「ごめんなさいね。痛かったわね…左手にしましょうか」
「ここはさっき採血したところです」
と言いながら左腕を見せた。
「いいところが見当たりませんね」
と言うので、
「点滴はここら辺によく刺してましたけど」
「ああここですね」
二回目でようやく成功した。
付き添っていた鬼嫁は一部始終を目撃してやっとボクの苦労を悟ったようだ。イケイケねえちゃんに聞こえないように小声で、
「へたくそに当たるといつもあんな風になるのね…かわいそう!」
と告げた。

さて二度あることは三度あるのだ。
次は本日最大の難関である○○○検査だった。
思い出したくないので詳しくは書かない。
が、しかし、大変な目にあった。
途中で検査器具に不都合が発生して修理が始まったりと莫大な時間を要した。
外の待合室で待っていた鬼嫁によると、
「患者は次から次へと出入りするのに、あなただけ出て来ないでしょ。なにかあったのかと思ってホントに心配したわ」
と不安に駆られたという。

ボクはすっかりフラフラになって最後の問診を迎えた。
主治医は全ての検査結果を説明しながら、
「では来週に○○検査を受けていただいて、最終的なお話をこの週の都合の良い日にしましょう」
と言った。
てっきり今回で今後の方針が決まると思っていたので完全に拍子抜けした。

帰路の車中、
「また二週間延びるのか…」
と言いながら還暦バンドの予定曲をかけた。
もう一ヶ月延期すればバンドの発表会に出られる計算になるのだが、さすがにそんな勝手なことをしたら取り返しがつかなくなるだろう。自然体で天命を待つしかない。

それにしても昨年の6月から始まったこの騒動。
いつになったらケリがつくのだろうか。
刑を執行するのであればさっさとしてほしいな。
さすがに疲れてきた。

« 暗すぎて字が読めない! | トップページ | 死刑囚のボヤキⅡ »

ビジネス・人生論」カテゴリの記事

コメント

本当に長いですよね。😅
読者が疲れるのだから、ご本人はさぞやお疲れでしょう。

雑念、想念をシャットアウトして無念無想、明鏡止水の状態になって病気に勝つ❗
いや、病気は元々無いんですよ❗

若い頃、師事(❓)していた道徳家(❓)が、セイチョウの家の創立者が病気で苦しんでいる病人に向かって病気はないと言ったと批判していましたが、この歳になって創立者が言っていたことが正しいとおもうようになりました。
ラッキョウの皮を剥くように肉体、心を取り除けば健全な魂だけになるということです。
そのための手段が無念無想、明鏡止水ということです。
と書いても、小生ができるかといったら、出来ていない❗😂
座禅に似ているけど、ちょっと違う。
集中して訓練すれば、出来そうな気もします。
まあ、なんのことやらわからんでしょうが。
輪廻転生を信じている人でないと無理でしょう。
俺には関係ないと思えば読み流して下さい。😅

▼ヤブ山日記ファンどの
字が多すぎて読めません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死刑囚のボヤキ:

« 暗すぎて字が読めない! | トップページ | 死刑囚のボヤキⅡ »

無料ブログはココログ