« 死刑囚のボヤキⅡ | トップページ | 不定愁訴 »

2019年1月29日 (火)

死刑囚のボヤキ〜おまけ

どうも最近、当たり前なことが必要以上に糾弾されているような気がしてならない。
厚生労働省の統計問題だって、企業からは嫌がられ、都庁からは不満を突きつけられ、省内からは軽んじられた挙げ句の対応だったに違いない。
モチベーションの上がらない仕事は面白くない。定期的に異動になるのであれば数年頑張ればいいのだが、世の中そんなに甘くはない。
多分悪意はないだろう。
そんなものだと思うが、詳しい調査をしたり、国会で丁々発止の議論をしているそうだ。
「ゴメンナサイ」でおしまいなんだがなぁ。
ホントにヒマな人がいるものだ。

« 死刑囚のボヤキⅡ | トップページ | 不定愁訴 »

ビジネス・人生論」カテゴリの記事

コメント

「ヤブ山節」全開ですね^^;。

だけど、今朝のTVで失業給付金だけで約延べ2000万人が約570億円過少給付とかいっていましたよ(正確な数字はご確認ください)。

子供2人の若い夫婦が二人とも給付対象者だったそうで、もし給付金が多かったら2回のおむつの取り替えを1回にすることはなかったのにと恨み節を言っていました。

また、賃金の伸び率がいいので、海外からデフレ脱却ができるのかとの問い合わせがあったと言っていたアナリストもいました。

一度、閣議で承認した31年度予算もやり直ししましたよね。

統計業務は地味な仕事かもしれませんが、与える影響は広範囲で貴殿がいうように軽いものではありません。
これでは、中国のことを笑えませんよ。

私は民間企業にいた人間ですが、勤労担当のものがルーチンとして毎月「勤労統計」を集計していました(何十年も)。
特に負担のようにも見えませんでしたが。

公務員がいかにいい加減に仕事をしているのか、最近の不祥事でよくわかりました。

いや、こう決めつけると真面目な公務員からお叱りを受けるので、この一行は削除しておきましょう。

▼ヤブ山日記ファンどの
影響額も含めてゴメンナサイです。
なんでそうなったか調べてもいい結果は得られません。早く補填額の算出にかかるべきです。今は国会対応真っ盛りでしょうから。
一次統計だけやらされたらモチベーションゼロに決まっています。
人間はモチベーションや気晴らしを遮断されたら大変な方向に向かうと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死刑囚のボヤキ〜おまけ:

« 死刑囚のボヤキⅡ | トップページ | 不定愁訴 »

無料ブログはココログ