« 金比羅社 | トップページ | 遺言その2(男の人生) »

2019年3月 4日 (月)

遺言その1(百姓家の相続)

いよいよ処刑に向けてのカウントダウンが始まった。
ふと思い出した。遺言を書いていなかった。
父の時に母が苦労していたし、今回の母も何も書き残していなかったので、ボクの独断でなんとか相続の手続きを終えた。
と書いたら、ヤブ山家は大富豪と勘違いされてしまうかもしれない。
ところが、市街地に隣接している農家は、現金はなく農地と家屋敷の土地という資産しかない。
そんな土地はさっさと処分してしまえばいいのだが、農地というものはご先祖様が心血を注いで守って来たものだから、普通の子孫であればおいそれとは処分できない。
バブルは弾けたが固定資産税だけはしっかりと課せられているので、はっきり言って究極の負の資産である。
平成元年に父が亡くなったとき、母の裁定で当面、この土地を母とボクで区分して相続することになった。
一昨年、外に出ていた長男が亡くなった。
さらに喪が明けきらないうちに、今度はボクの身体に異変が見つかった。しかも尋常ではない。とりあえず治療を開始したが、最後の段になってかかっていた病院がさじを投げてボクを他病院へ押し付けた。
さらに悪いことに、長く入院したしていた母が亡くなってしまった。
49日の法要の後、鬼嫁から聞いた話によると、三人の子どものうち唯一残ることになるかもしれない実の妹は、母名義の土地の相続について、自分と兄二人の子供たちとの相続になるから、
「いまお兄ちゃんが死んだらどうしよう」と密かに苦悶していたという。
幸いボクが兄家族に話をして一気に相続を片付けてくれたので、今後のことはボクの直系に収れんされ、実家の相続から解放されて安堵したという。
さて、あなたは、実家の土地を相続して固定資産税を払い続けるようなことを選択しますか?
そんなことより我が家はどうするかな。

« 金比羅社 | トップページ | 遺言その2(男の人生) »

部落の行事、昔の習慣・風俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遺言その1(百姓家の相続):

« 金比羅社 | トップページ | 遺言その2(男の人生) »

無料ブログはココログ