« 2019年8月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年11月

2019年11月28日 (木)

田んぼ

皆様、こんばんは。

ヤブ山の息子でございます。

さて10月11日に死去した父の通夜は翌日に自宅で、葬儀は翌々日に行いました。

そのような状況においても農作物はすくすくと成長しております。

我が実家の田んぼも父が亡くなった頃、稲刈りの時期を迎えました。

P_20191016_102117_20191128222601

田起こし、田植えは術後退院した父と筆談しながら終えました。

稲刈りまでは何とか生きて、新米を父に見せたかったですが、直前のところで叶いませんでした。

10月11日前後は秋晴れが続いており、稲刈りにはベストなタイミングでした。

忌引きで何日か休めそうですし、稲刈りをするならこのタイミングだと思い、葬儀の翌日から稲刈りの準備にかかりました。


P_20191016_124236翌日はとりあえず農機具の動作確認。コンバイン、乾燥機、籾摺り機と電源を入れ方が分かるまで2時間掛かった機械もありました。また倉庫の中も父の闘病中、手入れ出来ず汚れていたので掃除しました。私含めた父の子供3人と私の妻と父の孫3人、皆で頑張りました。

次の日とさらにもう一日で実際に稲刈り→乾燥→籾摺りをしました。幸いにもご近所の方にご指導頂きながら何とか全て刈り取り、精米する事が出来ました。

P_20191015_120047P_20191016_124218


天候と機械の調子に恵まれ無事に今年も新米を食べることが出来ています。

父と植えた最後のお米です。

来年以降どうするかは未定ですが、出来るだけ父が守ってきたものを引き継いでいきたいと思っています。

2019年11月25日 (月)

幻の最後の記事

ヤブヤマの息子でございます。

昨日、ようやく皆様方へご報告できたわけですが、作業中、管理画面で一件、アップされていない記事を発見しました。

日付が2019年8月7日ですので、ここまでで公開されていた中で最も新しい記事となります。あえてアップしていなかった事も考えられますが、文章からみて、この頃体調が非常に悪く、途中まで作ったところで疲れて保留したままとなっていた可能性の方が高いと思われます。途中で終わっていますが、御覧頂いていた皆様へ父が最後に遺したものなので、今回、公開致します。

途中で終わっていますが原文ママです。

タイトルは「病人の1日」です。

2019年8月7日 17:39:33

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

少年の一日は短く、一年は長い。

老人の一日は長く、一年は短い。

こう言われているが、病人にとってはどうか?

ほぼ一年経ったので整理してみた。

今は自宅療養の身だが、入院中を含めても、「一日は短い」と思う。

次に 「一年は長い」みたいだ。

ということは少年時代と同じ心理状態になるのだが、少年の一日が短いのは、新鮮なことや新しいことに触れるから

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

途中までしかありませんが、本人なりに死期を悟っていたのかと思います。


2019年11月24日 (日)

ご報告

いつも当ブログを御覧頂きありがとうございます。

ブログ主の息子でございます。

かねてより闘病しておりました父は10月11日に死去致しました。

そして本日、11月24日に四十九日を迎えました。

皆様方には生前より大変お世話になりました。

四十九日を終えたことで親族一同一段落したところです。

ヤブヤマ突撃隊から引き続き当ブログをご覧になって頂きました事、父に代わりましてお礼申し上げます。

« 2019年8月 | トップページ | 2020年1月 »

無料ブログはココログ