2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー「巨木の森」の記事

2019年3月 6日 (水)

遺言その3(巨木の森)

今から十数年前、実家の母屋を建て替えた時からスタートした。カテゴリーも設定しているようにボクのライフワークのつもりだった。それだけに中途半端な状態で放置することは回避したい。 だから分身の術を使ってでも続けたいのだが、それが叶わない時に備えて、ここに気持ちを残しておこう。

裏山は瀬戸内海を臨む里山であるから、放置しておくと真竹や女竹が繁茂したり、ヤブツバキをはじめとする照葉樹の単層な山になってしまう。ヤマモモや山桜、ハゼの木などの里山だったのだが、ボクが学生で家を出ていた頃、父が親戚の山師に頼まれて皆伐された。この頃には我が家の風呂も太陽熱温水と灯油ボイラーで沸かしていたので、雑木を切って薪にしたり、焚き付け用の小木を集めることもなく、裏山との関わりはほとんどなかった。
その後ボクは地元に就職したのだが、勤務の都合で山口市に住んでいたし、そのうち父が亡くなったので裏山はすっかり荒れ果て、竹が猛烈に繁茂する無残な姿を晒していた。そして今から十数年前、台風で母屋が半壊となり、遂に建て替えることになったのだが、裏山のあまりの姿を見て、再生することを思い立ったのである。
それから5〜6年はとにかく竹を切り続けた。竹は切っても切っても再生してくるが、次第に細くなっていき、直射日光があまり当たらない所では、だいたい5年ぐらいで生えなくなる。しかし三歩進んで二歩下がることが繰り返されるので根気がいる。でもそんな中にクロガネモチ、ヤマザクラ、ヤブツバキ、クスノキ、ヤマグリの高木が残っていた。そこでこれらを上手く間引きながら里山風に手を加えようと思い始めた。
初めに書いたように瀬戸内沿岸の山は放置しておくとぐちゃぐちゃになってしまうので、まずははびこる雑草を年に数回は刈って、雑木が密集しているエリアの伐採を進めることにした。しかしたった20センチの木でもいざ倒すとなると大変である。おまけに周囲には立木があるので掛かり木になることが多い。林業事故の多くはこのケースが多い。地面に倒すには繊細な注意力が必要で、一本倒しただけでどっと疲れが出る。
ボクとしては、大木をドンドンと残しながら、その枝を横にバーンと広げたいのだが。牽引機もない今の装備では到底夢は実現できそうにない。だからある程度は森林組合に頼んで、あとは中低木を整理しながら散策道をこしらえていくのが現実的だろう。

今まで毎日のように眺めていたが、もう一度山桜が咲いた姿を見ることができるかなぁ。

2018年3月10日 (土)

春が来た

まだ霜は降りているが、めっきり春らしくなった。

いよいよ草刈りシーズンがやってくる。
今年は危ないところに防草シートを張ったので、少しは雑に刈れるかもしれないが、シーズンが来るのだ。

今日も家の裏山の雑木を切った。


P1020114


巨木の森プロジェクトは、三歩進んで二歩下がる。
この調子だと、100歳までかかりそうだ。

梅はもうすぐ終わる。


P1020117

おまけは、先日のアラ還フェスティバルの新聞記事。

9グループ出たのだが、僕たちのことが書いてあった。

P1020113

来年も頑張ろうっと!


2017年4月22日 (土)

新緑

昨夜は、周南市で、さくらばばさんとびっけさんを招聘してバンドメンバーとの顔合わせをした。

ドラム担当のNが、職場の音楽仲間を連れてきたので総勢6名となった。

何をやるかが全くまとまらなかったが、とりあえず連休最後にNのスタジオ部屋で再会することにした。
どうなることやら…。


今朝はゆっくり起き出して、畑をやることにした。

裏山はこんな状況である。
すっかり新緑に染まっていた。


001


 
 
 
 

2017年4月 2日 (日)

今シーズン最後の山仕事

めまぐるしく変わる天気だったが、気合を入れてもう一日頑張った。

裏側からではなく、家の方から山に入って、山桜の二股巨木の周囲を伐採した。


003

この山桜は裏山に手を入れるまで気づかなかった大物である。
数年前からひのめを当ててやろうと頑張っていたヤツだ。

上を見上げると空が青い。
さっきまで雨が降っていたのだが、ヤツの根元に座って休んでいるうちに雨雲が逃げて行った。

009

 
 

チェーンソーの調子が悪い。
いくら研いでも切り込みが曲がってしまう。
たぶんガイドバーが曲がっているのだろう。
何度も切り口に挟まれているので、無理して引き抜いているうちにバーが波打ったに違いない。


013


 
 
 
雑木を切っているヤブの中から、残りの奥はまだまだ暗い。
あと何年頑張ったら、あの向こうが見えてくるのだろうか。
何度も降ってくる雨を避けながら、暗い山の中に座りこんで空を見上げた。

007

ずっと山に登っていない。
鬼嫁もそろそろ、「登ってあげてもいいわよ」のようだが、そうはいかない。
山仕事ができる間は、寒かったり、雨が降ったり、仕事があったり…と、大変なのだ。
やれるときにやらないといつまでたってもできない。

そうするうちに…木はどんどん成長する。

 

2017年4月 1日 (土)

みんな頑張りました

巨木の森プロジェクトはゆっくりと進んでいる。

今日は、家の裏側の急斜面のササと雑木を切った。
道路を隔ててTさんの田んぼがあるので、Tさんも手伝ってくれた。
ついでに通りかかったKさんも軽トラを停めてお手伝いだ。


なにしろ猛烈な急斜面なので、高所ノコギリやチェーンソーで伐採しては下に落とす。
二人が通行車両に注意しながら、それを裁断し軽トラに積み込んで少し上の空き地に運ぶ。


この作業を一日中繰り返した。
張本人はボクなので、崖の上から、「すみませ~ん!」
と叫びながら切り落とした。


夕方、急斜面はだいたい方がついた。
あとはボクがシコシコやれば済みそうだ。

二人に礼を言って解散した。
明日と来週の土日が山仕事の最後になる。
このあたりは昔からハミが多いので、ヘビが出始める頃までしか山仕事はできないのだ。

急斜面では切り株に足を固定して、チェーンソーやノコを使ったので、足腰や手がパンパンになった。


明日は、写真を掲載できると思う。


2017年3月25日 (土)

疲れた

ずっと飲みつぶれていたので、今宵は、まじめに書こうと思ったが…。


今日も先週の続きで、裏山の裏の雑木を切った。

もうれつな急斜面。

切り倒した切り株に足を乗せて切る。

下のTさんや、隣山のKさんが見に来た。

さて、一昨日、周南山の会の掲示板に書き込んでしまったようだ。

実は…湯田温泉で呑んで、泊まりました。

酒のせいではない。
自分のせいだ。

きっと日曜日の酒盛りの時の記憶が残っていたようだ。


数日ぶりに鬼嫁に出会った。

相変わらず ふてくされたままの顔であった。
微笑んで亭主を迎える気はないようだ。


さて、ドラムからの連絡待ちだ。

ボーカルのSさんはマイクリハーサルで紹介しうようと思う。


2017年2月19日 (日)

今日もヤブ漕ぎ

山に行くには最高の天気である。

が、山仕事はこの時期しかできないので、いつものようにナタを研いで裏山へあがる。

巨木の森プロジェクトは、昨年は3歩進んだ。
でも、一夏でイバラと小笹や雑木に覆われるので、三歩後退してスタートラインに戻る。
ここで諦めたら元の木阿弥である。

今年は、昨日までの頑張りで大体スタートラインまで戻った。
何とかもう一歩先に進めてこの夏を迎えたいと決意して、ナタを振り回してイバラを払い、竹切りノコで竹や雑木を切った。

これはスタートライン付近。

真ん中に見える山桜の大枝が垂れ下っているのが見えるかな?
大風で折れた大枝が皮一枚で首がつながって、下からロープをかけて引っ張っても落ちない。
ナメコを打とうと思っていたのだが、さすがに山桜の皮は民芸品のヒモに使われるだけあって強い!

01

 
 
いちばん急な斜面なので、足を踏ん張りながら、切った木が下に落ちないように左手で掴みながら支える。


02


下のTさん夫婦が様子を見に来た。
「きれいになるね」
「今度、大きな雑木を切り落とすときに手伝ってね」
「了解。あそこに運ぶんでしょ?」
「そう!大きな木にはツルが巻きついているから、いま切っているところ」

右側が家に近い方。だいぶ明るくなっている。

問題は左側。ここはほとんど崖状態なので、道路に落とすしかない。
そして道路の反対側にTさんの田んぼがある。
ここを伐採すれば田んぼも明るくなるので、お手伝いをお願いしたのだ。

03

 
 

隣山のKさんの軽トラが上がってきた。

「頑張るね」
「斜面がきついので足がパンパンです」
「ケガをせんように」
「は~い」

今度は養蜂をやっているM3翁の軽トラが停まった。

「ご精が出ますの」
「もう~やめたい」
「ゆっくりやりしゃんせ」
「は~い」


こんなのどかな山仕事でありました。


★追伸
ブログを見直したけど…写真ではちっとも急傾斜が伝わっていない。
古墳のようななだらかな丘に見える。
木を掴まないと這いあがれないのになぁ。

2017年2月18日 (土)

春よ来い

ようやく仕事のない土日を迎えた。

天気もいい。


002


こちらは紅梅。


003

裏山に上がって伸びた雑木を切った。

風は強いが、山の中は温かい。


裏の横もだいぶきれいになってきた。

ここまでくると、通年、草刈り機で刈ることができる。


010


 

家の裏も巨木の森の雰囲気が出てきた。
 
 
004


 
 
 
今日のご褒美はこれ。

ハサミを持って探してみたら、これだけ採れた。

やっぱり山がいい。


001


 
 
 
一日中、鋸とナタを振るったので体がガタガタになった。

でも、ふきのとうの天ぷらはうまかった。

2016年12月11日 (日)

山仕事

10日ブログをさぼっていた。

すこぶる健康である。
書く気がしなかっただけだ。

昨日は倉敷市に日帰り出張。
初めてアイスホッケーの試合を生で観戦した。
すごい迫力である。
応援は少ないが、若い女性が多かった。
たぶん選手の家族や彼女たちだろう。
選手はたくましくて、カッコよい。
ボクが女だったらすぐに惚れるだろう。


今日は天気も良かったので、裏山の雑木や笹を刈った。

二年さぼっていたので手強かった。

急斜面の後始末は放置できないので…『ほぼろ』 で運ぶことにした。

001


こんなに小さい藁の籠だが、柔らかくて軽い草木類はこれに限る。
人が運ぶ量の4倍ぐらい詰め込むことができる代物である。
もしも天秤で前後に乗せたら、8人前の仕事をすることになる。
今はこの一つしかない。
たぶん貴重な遺物だろう。


002


 
 

今はないが、同じ形で竹で編んだ籠があった。
名前は忘れたが、『小木(こぎ:枯れた木の枝)』を運ぶときに使っていた。

一日かけて急斜面の雑木を切った。
少し裏山が明るくなった。

004

 
 
 
二週間前に、その横のヤブツバキの森の雑木を切った。
これで家の裏山の周囲がようやくひとつながりになった。

山を庭の延長にしようと考えている。


005


 
 
 
都会の人には信じられないだろうが、これが我が家の裏山である。

毎日眺めては、「ええのう…」と悦に入っている。


このところ山には登っていないが、山とはずっとつきあっている。


 


 
 
 
 

2016年2月 7日 (日)

今日も山仕事

少し寒いが、今朝も裏山に上がる。

巨木の森プロジェクトは、とにかく大木を残して、目障りな雑木を切るのだ。

でも急斜面の雑木をどうやって切って、どうやって始末をするかが難しい。


チェーンソーを使ったり、手鋸でゆっくり切っていると、下のTさんが道の方から声をかけてきた。


「だいぶ変わったけど、どこまでやるん?」

「ボクの木が済むまで!」

011


 
 
 
 
 


これが遠景だ。


祝島の左には半島が見えた。

ここまで遠望が利くことは珍しい。

地図で調べてみたら…四国の佐田半島だった。
ここまで見えるのか…。


倍率を上げるとこうなる。


012


 
  

山の中は温かい。

風もなく、鳥のさえずりが聞こえるだけの世界だ。


上を見上げるとこうなる。

009


 
 
 
 
 
 


少し奥に入ると、こんな景色になる。


瀬戸内海が眺められるのは貴重だと思うが、これを維持する…いや、復活させるのは大変だ。

006


 
 
 
 
 
 
 

山は生き物。

座り込んで休む。


木々にとっては迷惑だろうが、ボクの好きな森に変わってもらう。


すまんが、そうしたいのだ。

 
 
 
 

無料ブログはココログ